BLKTOP PROJECT 「CONCRETE JUNGLE JAPANTOUR 2016」

5月22日に名古屋、新栄のVIOにてトミーゲレロ率いる「BLK TOP PROJECT」のJAPAN TOURの名古屋公演が開催されました。TOMMY GUERRERO彼自身は、ほぼ毎年といっていいほど、日本を訪れていますが、BLK TOP PROJECTとしての来日は2011年以来5年ぶりとなり、5人での来日はかなり久しぶり。

Tommy Guerrero, Ray Barbee & Matt Rodriguez、chuck treece等のスケートボードでは、超有名な彼らが音楽を追究し2005年にアルバムをリリースしたことからスタートしたバンド。トーマスキャンベルがディレクションした、かの有名なサーフムービー「Sprout」に楽曲が採用され、その後、日本でもGreenroomや、Sumer Sonikなどに出演しているのは多くの方がご存知の通り。


僕も2010年に古くからの音楽関係の友人を介して、TOMMYさんの名古屋ツアーをサポートする事になり、2010年、2011年、2012年をボトムラインで、そして2014年に名古屋クアトロで開催。さらにはRay Barbeeのツアーも2014年に今回と同じ箱「Live&Lounge VIO」で開催してきた。

スケートボードのレジェンドであり、また、僕が20代によく聞いていたTOMMY GUERREROのアテンドが出来るなんてホントに光栄な限り。TOMMYさんはこのBLOGでも何回も紹介しているが、名古屋で食べる「味噌煮込みうどん」が本当に大好き。初めて名古屋に来てくれた時に僕が連れて行ったのをきっかけに、名古屋に来る度に必ず食べているし、今回もライブの前に時間ギリギリになりながらもメイク。前回のインタビューでも名古屋の味噌煮込みの話をしていた程で、今回もその味を堪能していた。

写真をフルスクリーンで見る方はこちら




今回はBLKTOP PROJECTとして、新しいアルバムをリリース。Greenroom Festivalへの出演はもちろん、群馬、名古屋、京都、神戸、東京でのツアーを昨日無事に終了。TOMMYさんはまた来年と言って、最後別れ際に僕に声かけてくれたので、また近いうちに日本にやってきてくれるでしょう。

彼らの新しいアルバムはiTunesからも購入出来ます。
https://itunes.apple.com/jp/album/concrete-jungle/id1097431361

コレからの季節に最適なアップリフトな音楽が楽しめるはずです。



OSD LESS TALKING MORE SKATEBOARDING BLKTop PROJECT PART from Jani Sotala on Vimeo.

JUGEMテーマ:音楽

TOMMY GUERRERO / BLACK TOP PROJECT 来日!

4年ぶりにBLACK TOP PROJECTが来日します。サイドカーではこのツアーをサポートし、名古屋公演を全面的にバックアップします!


Tommy Guerrero、Ray Barbeeを中心とした5人のスケーターによるバンド【BLKTOP PROJECT】8年ぶりにリリースされるセカンド・アルバム。 フェラ・クティ、トーキング・ヘッズ、ギャング・オブ・フォー、ジェームス・ブラウンの音楽的要素に、 スケーターならではストリート・センスをミックスさせ、クリエイトした「ストリートのインストゥルメンタル集」。 

名古屋公演 日程:2016年5月23日(月)
会場:Live & Lounge Vio
住所:名古屋市中区新栄2丁目1-9 flexビル b2
電話:052-737-7739
URL:http://www.liveandloungevio.com/
Open/18:30 Start/ 19:30

前売¥4,000 / 当日¥4,500 入場時Drink代別途
以下からチケットをご購入できます。
e+(スマチケが便利だよ)
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002185260P0050001P006001P0030001

LivePocket(スマホチケット)
https://t.livepocket.jp/e/us-ex

■BLKTOP PROJECT
http://www.rushproductionmusic.com/?p=custom&id=19543781

Tommy Guerrero、Ray Barbee、Matt Rodriguez、Chuck Treece、Josh Lippi アメリカのスケートボード・シーンのスーパースターたちが一同に集結した夢のバンド【BLKTOP PROJECT(ブラックトップ・プロジェクト)】。 02年、雑誌『SLAP Skateboard Magazine』の企画の為に結成。 05年にはサーフムービーの金字塔『sprout』に楽曲提供、デビューEP『BLKTOP PROJECT』を発表。 08年には、galaxiaよりファースト・アルバム『lane change』を発表。 11年、13年に来日公演を行っている。

JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:スケボー

TOMMY Guerrero “Perpetuum” Japan Tour レポート

​11月2日(日)に行われたTOMMY GUERRERO “Perpetuum” Japan Tourのレポートです。
今回は前回から場所が変わり、名古屋パルコの8F「CLUB QUATTRO」で行われました。

今回は新しいアルバムのリリースに合わせての来日です。
コンスタントに日本に来日している彼ですが、古くはREALスケートボードからプロモデルも数多くリリースしたレジェンドスケーターであり、またミュージシャンとしてもTOMAS CAMPBELLのSPRAUT等のサーフムービーにも楽曲を提供し、横浜で行われているGREENROOMや、朝霧ジャムなどもに過去に出演しています。

数年前にはREALから20周年記念モデルもリリースしました。

Tommy Guerrero from dlxsf on Vimeo.


今年のジャパンツアーには、実の兄TONY GUERREROもオープニングアクトとして参加。
また、ビースティーボーイスのバンドメンバー、アルフレッド・オルティスもドラムとして参加していました。このアルフレッドのドラムの上手いこと、上手い事。

当日のお昼14時少し前の新幹線で名古屋に到着する予定だったので、まずはホームまでお迎えに。
いきなり、兄のトニーが一番最初に降りてきて、その強面にちょっと躊躇しながらも挨拶を。
ベースのジョッシュ、アルフレッド、トミー、そしてツアーマネージャーの一徹さんが無事に名古屋に到着。
今回のジャパンツアーは全国10カ所のうちの9カ所目。疲れているかとみんなに聞いてみると、
金曜日の大阪が終わり、土曜日は一日オフだったようで、疲れも無く万全の状態での名古屋場所。
とりあえず、ホテルにチェックインするようにメンバーを連れて行った。

15時リハーサル時間には既に先行して到着していた、機材班のメンバーがサウンドチェックを済ませ、
とてもスムーズにリハーサルが始まった。今回の新しいアルバム“Perpetuum”はどちらかというと、
結構ユルめの感じで、リハーサルもユルーく、ユルーくスタート。
各自モニターの音量や、細かいチェックをしながらリハーサルの時間が過ぎて行く。
トミーのリハが終わり、今度は兄のトニーのリハ、初めてトニーには合ったのですが、本当に気さくな人。
元々トニーもパンクバンドをやっていたらしい。その感じバッチリ分かります。
悪そうなオジさんの感じがっつり出てますからね(笑)でも話してみればとても感じがいい。
そして無事にリハーサルも終わり、18時のスタートまでメンバーはふらふらとパルコの中を徘徊してました。

18時の開始時間になっても、バックステージには誰一人メンバーは帰ってきません。
ちょっと前に若鯱屋でカレーうどん食ってましたよ。とお客さんから聞くが、もう少しお待ち下さい...
結局スタートしたのは18:30頃?オープニングアクトの兄トニー・ゲレロがスタート。
TGにくらべもう少しハードな、マカロニ・ウェスタンバンド。オープンニングからかなり盛り上げていた。
そして、途中からTGも加わり、ブラザーセッション。トニーもとても気持ち良くプレイ出来たようで、
とても満足そうに終了しました。

少し転換等で時間をおいた後に、TGがスタート、今回は“Perpetuum”のアルバムの曲をすべてアルバムの
順番通りにプレイ。さらに彼がこのアルバムの為に作った映像も同時公開された。
最初はユルーく、ユルーくスタート。深ーいギターの音に少しづつ、少しづつ、オーディエンスも引き込まれ
フロアーの感じがあったまってきた所で少しづつビートが上がって行きました。
そして、定番の「So Blue Its Blue」などの曲も織交ぜ、テンションもヒートアップ。
終わった瞬間のメンバーのテンションの上がり方から見ると、かなり自分たちも楽しめ、
そしてお客さんの雰囲気も最高だったようです。

2014 TG JapanTour in Nagoya from sidecar on Vimeo.



そして講演終了後は毎回恒例の「山本屋本店」の味噌煮込みうどんへ。

TOMMYが本当に好きで好きでたまらない味噌煮込み。
僕が彼の名古屋公演を初めてサポートした2011年に初めて彼を連れて行ったのが始まり、
それから毎年名古屋に来る時には必ず行く場所、前回は名古屋滞在中に2回も通った程の大好物。
今回も本当に喜んでいて、更には唐辛子入りのだし巻き卵にも舌を巻いていました(笑)

彼らも本当に楽しんでプレイし、お客さんも皆さん楽しんで頂けた名古屋公演。
酒と音楽はいつの時代でもカルチャーの中心にあり、そしてこれからも変わらず楽しめる文化。
皆さんもいい音楽を聴いて、自分の楽しめる時間を、音楽によって更に更に楽しめるといいですね!

TG JAPAN TOUR名古屋に来て頂いた全ての方に感謝です!

写真をフルスクリーンで見る方はこちら

JUGEMテーマ:音楽

STOMP OR DIE 3 PREMIERE IN NAGOYAレポート



昨日の夜は名古屋でSTOMP OR DIEのプレミアが行われていたので、お店が終わってから、
サイドカーのユーザーの方と一緒に遊びに行って来ました。



STOMPのメンバーは國母和宏、工藤洸平、高尾翔馬、戸田正人、佐藤秀平、teddy koo、Austin hironaka
という豪華なメンバーで名古屋でのプレミアを盛り上げていました。





東海地区の色々なショップのスタッフもイベントに来ていて、色々な話で盛り上がりました。
結局気づけばあった言う間に終電。

さあ今日はHASSY BACKCOUNTRY PHOTO SESSION!!
HASSYが来るし、夜が長くなりそうです!笑

そして明日はKING OF SHOP!イベント盛りだくさんです。

10月18日(土): HASSY BACK COUNTRY PHOTO SESSION 2nd SEASON
10月19日(日): KING OF SHOP @SNOVA羽島
11月1日〜2日 : DEELUXEサーモフェア 
11月 2日(日) : TOMMY GUERRERO JAPAN TOUR 名古屋 Supported by SIDECAR
11月17日(月): JEREMY JONES " HIGHER " プレミア with JEREMY JONES!!
11月25日(火): YUファクトリー訪問ツアー 
12月6日(土) : GENTEMSTICK "Taro Tamai " スライドショー

これからはイベント盛りだくさんです!
皆さんお見逃し無く!
 

Tommy Guerrero “Perpetuum” Japan Tour 2014/11/2




来月に新しいアルバムを引っさげて来日する、TOMMY GUERREO。
今回は11月2日(日曜)に名古屋クアトロにてジャパンツアー名古屋場所が開催されます。

前にも少し告知致しましたが、正式にフライヤーやチケット販売が開始しています。
もちろんサイドカーでもチケットの販売を開始致しました!
今回は(祝前)の開催となりますので、是非みなさまのお越しをお待ちしております。
TOMMY GUERREROのジャパンツアーをSIDECARでサポートするのは今回で4回目になります。
また、舞台裏のいろいろなリポートも出来ると思います。笑


Tommy Guerrero “Perpetuum” Japan Tour 2014
with Tony Guerrero & EL DIABLITOS

supported by SIDECAR

【ARTIST】
Tommy Guerrero
opening act: Tony Guerrero & EL DIABLITOS 

【会場】名古屋クラブクアトロ
【日程】2014年11月2日(日)
【開場】17:00 / 開演:18:00
【料金】前売 ¥5,000 / 当日 ¥5,500 (税込/整理番号/ドリンク付)    
※当日入場口にてドリンク代として500円頂きます。

【TICKET】
・SIDECAR : 0566-27-0051
・チケットぴあ:0570-02-9999 (Pコード:241-821)
・ローソンチケット:0570-084-004(Lコード:42173)
・e+(イープラス):http://eplus.jp

【主催】 PARCO 【企画・製作】 RUSH PRODUCTION
【協力】 SIDECAR

【INFORMATION】
名古屋クアトロ TEL052-264-8211
http://www.club-quattro.com/

ストリート・カルチャーのアイコン、トミー・ゲレロ、2年ぶりとなるニューアルバム『Perpetuum(パーペチュアム)』を携え、待望のジャパン・ツアーが決定!ツアーメンバーとしてビースティ・ボーイズのバンドメンバーとしても知られるアルフレッド・オルティスも参加。更に、トミー・ゲレロの実兄トニー・ゲレロのバンドEL DIABLITOSアルバムもリリースも緊急決定し、オープニングアクトとして初来日する。

JUGEMテーマ:音楽

Tommy Guerrero “Perpetuum” Japan Tour 2014

昨日までお盆休みを頂きました。僕は長野に2泊3日でキャンプしに行ってました。
目まぐるしく変わる天候の中でマイナスイオンをたっぷり吸収して帰ってきました。
このお盆は天候が不安定ですが、皆さんもお休みを楽しんで下さいね。

今日は音楽イベントのインフォメーションです。
まだまだ先ですが、秋にTommy Guerreroが来日します!
今回は「Tommy Guerrero “Perpetuum” Japan Tour 2014」と題して日本の各地にてLiveを行います。
2年ぶりとなるニューアルバム『Perpetuum(パーペチュアム)』を携え、待望のジャパン・ツアーが決定!
ツアーメンバーとしてビースティ・ボーイズのバンドメンバーとしても知られるアルフレッド・オルティスも参加。更に、トミー・ゲレロの実兄 トニー・ゲレロのバンドEL DIABLITOSアルバムもリリースも緊急決定し、オープニングアクトとして初来日します。

今回のジャパンツアーの中で名古屋での開催も決定しました。
場所はのbottom Lineから名古屋パルコの「Club Quattro」になり、
日程は祭日前の11月2日(日)となります。


今年で20周年となるSIDECARでは、今回もTommy Guerrero “Perpetuum” Japan Tour 2014の
名古屋公演を全面的にバックアップして行きます。皆様是非予定を空けておいて下さいね!




Tommy Guerrero “Perpetuum” Japan Tour 2014
with Tony Guerrero & EL DIABLITOS
supported by SIDECAR

日程:2014年 11 月 2 日(日) 17:00 開場 / 18:00 開演

場所:名古屋クラブクアトロ


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳細はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.club-quattro.com/nagoya/schedule/detail.php?id=3863



■Tommy Guerreroプロフィール
カリスマティックなスケーターとして世界のストリートに影響を与え、
オリジナリティ溢れるサウンドで多くの支持を得ているミュージシャン でもある、真のストリート・アーティスト。サンフランシスコ出身。伝説のスケートボード・チーム【Bones Brigade】最年少メンバーとして シーンに登場。抜群の知名度と影響力を持つオリジナル・ストリートスケーターとしてスケートボード界で成功を収めた。
その後、ミュー ジシャンとして音楽活動も開始する。98年に発表したデビューアルバム『Loose Grooves & Bastard Blues』がロングセラーを記録、音楽 シーンでも確かな地位を確立する。 Galaxia、Mo’ Waxなどのレーベルからのリリースも含め、作品をコンスタントに発表。現時点での最新作である『No Mans Land』(12年) を含めアルバムを9枚を発表している。
近年ではリリースの度に大規模なツアーを行い、日本でも数カ所ツアーを行い、新たなファンを 獲得している。
14年10月08日には待望の新作『Perpetuum』のリリース、同月、全9箇所にも及ぶジャパンツアーが決定!


Tommy Guerrero New Album 『Perpetuum』 DDCB-12534 /
Released by RUSH! x AWDR/LR2 /
2014.10.08 on sale /
2,222 Yen + Tax

また随時色々な情報をUPしていきますね!

JUGEMテーマ:音楽

13-14 スノーボードDVDティーザー紹介します。

 連日、猛暑日が続いています。
夏本番の時期に、毎年それとは裏腹に業界ではスノーボードの準備が着々と進んでいます。

今日はそんな冬に向けての新作DVDのティーザーのご紹介です。


【INDRES FORMATION 「PHALARIS」 teaser】
浜崎あゆみ(SALOMON/SIDECAR)が出演する[INDRES FORMATION]のDVD!
今年も映像にかなり凝ってます。
Rider: 杉浦宗平、浜崎あゆみ(SIDECAR)、古山竜一 、加賀大貴、石見良寛、伊藤慶洋、吉田智生、青木敬司、三島勇気 9月7日発売予定




【VALHALLA: A New Film From Sweetgrass Productions】
フリーラインディング、パウダーフリークに送る[Sweetgrass Productions]の新作。
今までにも増してオリジナリティー溢れる作品になりそうです。




【HEART FILMS vol.7 Teaser】
カナダ ブリティッシュコロンビア州 ウィスラーをベースにグローバルな活動を続けるHEART FILMS。 今年は新たなライダーも加わり、さらに個性豊かなクルーになりました。 パウダー・ジャンプ・フリーライディング・ビックマウンテン、、、スノーボードやスキー、 雪山遊びの魅力がぎゅっと詰まった第8作目の予告編です。発売は2013年秋予定。

HEART FILMS vol.7 Teaser from HEART FILMS on Vimeo.


【Brighta: Beginning of the End teaser】



【THE LAST ONES TEASER】

THE LAST ONES TEASER from Visualize Image on Vimeo.


【THINK THANK is Brain Dead and Having a Heart Attack Teaser】

THINK THANK is Brain Dead and Having a Heart Attack Teaser from Visualize Image on Vimeo.


【HYWOD 「SYNCHRONICITY」 teaser】



【CANDY Hang Out teaser】



【GROUND MASTER teaser】

グラウンド・トリックをベースに、ライディングの基礎となるカービングや ウェーブなど、ゲレンデの地形の遊び方を説明した、新感覚実況型スノーボード howto dvd。 ライダーは中村貴之(allian)、原田正臣(head)、前原 大和(head)、またゲストライダーとして工藤 洸平(salomon)、石橋一(surge)滑りはもちろん、スタイルにも定評のあるライダー達が、 ゲレンデ地形遊びのライディング技術を、グラフィックも織り交ぜながらレクチャーする。 単なるhowtoという枠には収まらず、追い撮りやライダー目線の映像をふんだんに盛り込んで、ライディング・ムービーとしても楽しめる内容。mcは様々な大会、イベントなどで活躍しているスポーツmcアリー。ボーナス・トラックにはholy bowly2013の映像を収録。

GROUND MASTER teaser from Visualize Image on Vimeo.


【TOMBOY 「SEIZE THE DAY」 teaser】



【LBvol.3】

カリフォルニアのライダー達の日常の滑りにフォーカスを合わせたビデオマガジン。 Jordan Wells, Jeff Harvey, Maiko Matsuda, Yuta Nakayama, Hironari Yanagisawa, Sawyer Deen, Niko Cioffi, Matt Douglass, Dakota Whitaker, Peter Furman, Preston Harper, Andrew Parsons, Makoto Takeda, Naoto Kamimura, Shota ShimazakiLenny Mazzotti, Justin Mulford, Anthony MazzottiBrett Wilkinson, Ryan Tarbell, Yuma Yodoshi, Yuu Tateno, Wan Heo, Masato Toda, Kaito Onozaki, Tommy Okubo, Tsukasa Hosokawa, Atsushi Agatsuma, Megumi Suzuki, Miki Kato, Erik Leon, Ian Sams, Alex Hereford, Matt Busedu, Brenton Aikin, Lucas Magoon, Tyler Lynch, Ryoki Ogawa,






【Chest Nutz Film 「CRUST BOWL」 teaser】





【SOLID STATE SURVIOR / MASTER OF GROUND #6 teaser】






【Light Butter 2 teaser】




【GREEN ~Carving Plug in~ Trailer】



暑い日々を冬の映像を見て少しでも涼んで頂けましたか?
まだまだ発売日が決定していない物が多いですが、
店頭にてご予約をお受けしています!

お気に入りの物があれば、是非ご予約してくださいね!



TOMMY GUERRERO JAPAN TOUR 名古屋終了しました。

10月4日に名古屋BOTTOM LINEで行われたTOMMY GUERRERO JAPAN TOURの写真を flickerにUPしました。 no mans landのアルバムを世界で初めてLIVEで披露した昨日。
素晴らしい音楽を大音量で楽しめたひと時。 
3年連続で味噌煮込みうどんも堪能してツアー初日を終了。 

この後も下記の日程でツアーが続きます。 
10/5(Fri) Kanazawa@ MANIER 
10/6(Sat) Shizuoka@ 朝霧JAM 
10/7 (Sun) Shizuoka@ SOUND SHOWER ark 
10/8 (Mon) Kyoto@ Club METRO 
10/9(Tue) UMEDA CLUB QUATTRO 
10/11(Thu) Tokyo@ duo MUSIC EXCHANGE 

下記より名古屋公演の写真がチェックできます! 

 フルスクリーンで見る方はこちら


今週はイベント!イベント!

 今週は大きな音楽のイベント2つに関わっています。

まずは明日10月4日のボトムライン。
SIDECARが今年で3年連続で携わるTOMMYの名古屋公演。



「Tommy Guerrero Japan Tour 2012 NAGOYA」 
日 時:2012年10月4日 (木) 
    開場18:30 開演19:30 
場 所:THE BOTTOM LINE http://www.bottomline.co.jp/ 
料 金:前売 ¥5,000- 当日¥5,500-   
  (入場時Drink代¥500 別途必要) 
  チケット取り扱い店舗では8/4より
   特別前売価格¥4,500  

 主催/共催: TIME IS ECHO / SIDECAR 
 お問い合わせ:THE BOTTOM LINE 052-741-1620
 LIVE Tommy Guerrero 
 るいとのりと (from DUBNATIONARIES) 

 チケット チケットぴあ Pコード (177-687) 
ローソンチケット Lコード (42899)
 e+ http://eplus.jp/ 

チケット取り扱い店 ※チケット取り扱い店でご購入頂くと¥4.500でご購入できます。 

THE BOTTOM LINE (名古屋) 052-741-1620 
SIDECAR (刈谷) 0566-27-0051 
3939     (名古屋) 052-741-1620 
HUNTERS POINT (名古屋)052-622-5838 
PARAISO    (岡崎) 0564-57-8433 
risoriso     (岡崎)0564-26-3101 
PIPPEN STORE (豊田) 0565-65-3951 
CAPCELL (豊橋) 0532-53-3895 
WATERCOLOR (豊橋) 0532-54-0810 
CHILLOUT (田原) 0531-27-0103 
チャーミー    (田原) 0531-45-4173 
sloWPorch (浜松) 053-489-4663 
REALL       (西尾)0563-65-6185

 


また、本日、2012年10月3日(水)23:00〜1:00

「TOMMY GUERRERO SPECIAL〜ストリートの生ける伝説」の緊急配信が決定しました!  
LIVE&TALK:TOMMY GUERRERO(from San Francisco)出演:野村訓市 



そして週末10月6日〜8日の2泊3日。斑尾にてOUT SIDE PARTY「OVER THE WALL」が開催!
バブルス君が主催する最高のOUTSIDE PARTYです。




こちらは僕もDJで参加させて頂きます。

心地よい秋の季節は是非外にガンガン出かけて、楽しめると良いですね〜。

TOMMY GUERRERO 名古屋公演チケットプレゼント!

 前々より告知しています、TOMMY GUERREROの名古屋公演。
チケットをプレゼントする企画をご用意しました!

FACEBOOKの対象ページから「いいね!」を押して頂き、ご応募頂いた方々に
チケットをペア4名、合計8名分プレゼント致します。




応募は下記のページよりお願いします!





バックカントリーの為のレイヤリング 

皆様冬の準備は少しづつ進んでいるでしょうか?

今日はスノーボードのレイヤリングについてのお話を少しさせて頂きます。
レイヤリングって?方もいらっしゃると思いますが、簡単に言えば重ね着のこと。

スノーボードのウェアーを着る際にどんな物を重ね着するかによって、
厳冬期でも快適にスノーボードできるのでそのご紹介を少し。。

レイヤリングは基本的に3種類に分かれていて、

1. アウターウェアー (スノーボードウェアー)
2. ミッドレイヤー    (フリースや、インナーダウン等)
3. ファーストレイヤー (肌に触れる部分の着る物)

があり、みなさんアウターウェアーには十分に気を使っている方も多いと思いますが、
なにげにミッドレイヤー、ファストレイヤーには気を使っていない方も多いようです。

特にバックカントリーなどレストハウスもなく、いつ休憩できるかわからない環境では
吸汗速乾のファーストレイヤーは絶対に必要であり、ポリエステルやウール等の素材で
作られた物を使う事によって、汗をかいてもすぐに乾き、体温の低下が最小限で抑えられます。

また季節や場所によって、ミッドレイヤーを調整して、寒さを凌いだり、
春先の暖かい季節でもアウターウェアーを使って快適にハイクアップしたりと
本当に重要なアイテムになります。

僕自身もファーストレイヤーにはこだわりがあり、できる限りウールの物を使用しています。
ウールは天然素材であり、冬は暖かく、そして連続した使用の際でも汗などの匂いが素材に
付きにくく、テント等で宿泊しファーストレイヤーの交換が難しい時でも、気にならず使用できます。





来月ちょうど名古屋に来るTommy Guerreoの音楽が良いですね。
またこの映像のJosh Darksenは昔モローのトップライダーで多くの大会で輝かしい
成績を残したライダーで、最近ではpatagoniaのアンバサダーとしてウェアーの開発にも
携わっています。グーフィーのグラブエアーはとても特徴的で昔に魅了された方も多いのでは
ないでしょうか? 

そしてその彼が開発したウェアーが

「Patagonia Men's PowSlayer Jacket & pants」です。

新登場のパウスレイヤー・ジャケットとビブは、最高の防水性/透湿性機能を誇る、
軽量ながら丈夫な3層構造のナイロン製ゴアテックス・プロ・ファブリクスを使用。 
磨耗しやすい部分はより厚手の生地で補強し、DWR(耐久性撥水) 加工により、
湿った雪でびしょ濡れになる心配もありません。

また、コーティ ング加工済みのスリム・ジップは水分の浸入を防ぐだけでなく、
かさばりと重 量も削減します。 ジャケットのフードは2通りの方法で調整可能で
ヘルメットの着用にも対応し、 つばの部分に入れたフォームにより悪天候下でも視界を確保。フードと裾のコー ドロックに埋め込み式のタッチ・ポイント・システムを採用し、
コードのぶら さがりを解消しました。

 ビブは体をしっかりとカバーするドロップシートを採用したデザインで、
内側のプルタブによってフィットを微調整できます。
まち付きの股と立体形状の膝 で動きやすく、頑丈なゲイターとエッジガードが
雪の侵入を遮断します。

僕もこのウェアー気になっていて、今週末にはこのウェアーも入荷する予定です。


また今週末は雑誌「Fallline」も発売になります。
先日もちょっとお伝えしましたが、僕のギアを全部貸し出しの取材を受けました。
その取材の写真をちらっと載せておきます。



バックカントリーで使用する全てのギアを撮影し、そのメーカー、モデル、
またなぜそれを使用しているかなどが、載っていますので、
詳しくは発売した雑誌を是非チェックしてみてください。


TOMMY GUERRERO JAPANTOUR 2013@NAGOYA

 また今年もTOMMY GUERREROが日本にやってきます。

そしてまたも名古屋公演をBOTTOMLINEで行う事が決定しました!最高!
もちろん今年もSIDECARとTIME IS ECHOが全面バックアップして名古屋公演を開催します!






さらに3年ぶりとなるフルアルバムを引っさげてやってきます。
その名も「No Mans Land」が9月26日に発売。


トミー・ゲレロ :インタビュー

アルバム内容:

<1>『ここ1年半の人生経験が反映されてるんじゃないかな。殆どの曲はとてもシンプルで、グルーヴが土台になってる。そこにダークなトーンと、リヴァーブ、ディレイ、トレモロを効かせたギターの要素が入ってるんだ。』

<2>『Farfisaオルガンをこのアルバムで多用したんだ。それをディストーション、オーバードライブ、ディレイ、リヴァーブなど曲にあったエフェクトに通すんだ。素晴らしいサウンドのオルガンなんだけど、60年代らしいサウンドなんだ。』

<3>『基本的に一人で全部レコーディングしたよ。』

<4>『間違いなくTGのアルバムではあるけど、これまでの作品とトーンが違う。ダークなトーンが目立つと思うけど、俺のスタイルはそこに確実に入ってる。俺が作ったアルバムなわけだからね。どんなに違うものを作ろうとしても、必ず自分のサウンドは出てくるからね。』


参加アーティスト:『チャントっぽいボーカルを少し入れたくらいだな。ネイトっていうミュージシャンもそれに参加してる。マット・ロドリゲスが1曲だけパーカッションを演奏してるんだ。』


アートワーク:『デイヴ・キンジーというアーティストがジャケを手掛けたんだ。この作品を見ていると、どこか孤独感があるんだ。無人島を連想させられるし、忘れられた土地のようなフィーリングがある。それに、この作品で使用されている色彩感覚が好きなんだ。それでいて、ありきたりじゃないし、抽象的なスタイルではないところを気に入ってる。』


アルバム・タイトル:『今作のアートワークとコンセプトに基づいているんだ。殆どの曲名も、マカロニ・ウェスタンなど西部劇の映画タイトルをもじったものなんだ。「No Mans Land」は、架空のマカロニ・ウェスタン映画にありそうなタイトルだと思うんだ・・・。』



<Tommy Guerrero Japan Tour 2012>

トミー・ゲレロ:コメント 

『このアルバムはすごく気に入ってるし、ライヴで再現するのも楽しいと思う。ギターを爆音で演奏しないといけないし、大量のリヴァーブをかけないといけないから、刺激的なライヴになるよ!』


10/4(Thu) Nagoya@ BOTTOM LINE

問い合わせ先:052-741-1620

詳細: http://www.bottomline.co.jp


10/5(Fri) Kanazawa@ MANIER

問い合わせ先:CASPER 076-232-5293

詳細: http://mairo.com/manier/


10/7(Sun) Shizuoka@ SOUND SHOWER ark

問い合わせ先:WIGWAM 054-250-2221

詳細: http://www.ark-soundshower.jp/


10/8(Mon) Kyoto@ Club METRO

問い合わせ先:075-752-2787

詳細: http://www.metro.ne.jp


10/9(Tue) UMEDA CLUB QUATTRO

問い合わせ先:06-6311-8111

詳細: http://www.club-quattro.com/umeda/


10/11(Thu) Tokyo@ duo MUSIC EXCHANGE

問い合わせ先:03-5459-8711

詳細:http://www.duomusicexchange.com/


■プロフィール

ウェストコーストから世界のストリート、カルチャー、アートに影響を与える真のカリスマ・アーティスト。‘80年代に伝説のスケートボード・チーム Bones Brigade最年少メンバーとして彗星の如くストリート・シーンに登場。盟友Thomas Campbellが運営するレーベルgalaxiaから『Loose Grooves & Bastard Blues』を’98年に発表、独自のネットワーク/口コミで爆発的なセールスを記録した。

‘00年にはUKの名門MO’WAXからMargaret Kilgallenのイラストが印象的な2nd Album『A Little Bit Of Somethin’』を発表、クラブ・ミュージックのリスナーからも支持され、一躍“現代のウェストコースト・ミュージックのスター”へと躍進する。’03年には3rd Album『Soul Food Taqueria』をリリース。アートワークは、Stephen Powersが手掛けた。

‘05年に発表したE.P.『Year Of The Monkey』でアップテンポな新機軸を打ち出し、同’05年には第一回THE GREENROOM  FESTIVALのヘッドライナーを務め3,000人を超える観客を魅了、更にSUMMER SONIC 05へも出演、ビーチステージのヘッドライナーを

務め新たなファン層を開拓した。

そして、同じくBones Brigade出身のスケーターRay Barbeeらとバンド“Blktop Project (ブラックトップ・プロジェクト)”を結成、‘05年にミニ・アルバムをリリースする。’06年にはよりロック色の強いバンド・サウンドを 打ち出した4th Album『From The Soil To The Soul』を発表、アートワークはBarry McGee。FUJI ROCK FESTIAL ‘06へ出演。ホワイト・ステージでは1万人を超える観客を熱狂させた。’07年、1stアルバムの空気感を‘07年版に再現した5th Album『Return Of The Bastard』を発表。リリースにあわせたジャパン・ツアーを東京、大阪、金沢、横浜で行い全会場でソールド・アウトさせた。’09年には6th Albumとなるストイックな空気感が漂うTG風スピリチャルジャズ・アルバム『Lifeboats And Follies』』を発表(アートワークはEvan Hecox)、リリース後、過去最長となる全9箇所にも及んだジャパン・ツアーを行い全国のファン達を熱狂させた。'10年には瞬間のひらめきと共に一人スタジオで演奏を繰り返したTG流コンセプト・アルバム『Living Dirt』を発表。メタモルフォーゼ、東京、名古屋でツアーを行う。'11年には日本を勇気づけるためにBlktop Project (Tommy Guerrero,Ray Barbee, Matt Rodriguez, Chuck Treece)として、東京、静岡、京都、金沢、名古屋でツアーを行う。’12年には音楽の力で第二の故郷”日本”にお返したい強い気持ちに駆られ仲間のミュージシャンに次々と声をかけたチャリティ・コンピレーション・アルバム『You Are We Are Us』を発表。 本心地よいギターのアンサンブルとグルーヴ感溢れるリズムが重なりあい、一聴穏やかな中にエッジーな研ぎ澄まされた感覚を刻み込むTGの音楽は、自身の充実した歴史にも裏打ちされた、誰にも真似ることのできない唯一無二の音楽である。



平日ではありますが、皆さん日程をあけておいてくださいね!

昨年のボトムラインの映像をUPしておきます〜。



TOMMY GUERRERO JAPANTOUR in NAGOYA JAPAN 2011/11/17 from sidecar on Vimeo.

TOMMY GUERRERO JAPANTOUR その後。。


11月に行われた「TOMMY GUERREO」のJAPAN TOURの編集された映像と、
当日、友人の大矢さんが撮影した写真を紹介します。

まずは映像から、、、。
日本の各地を回った今回のツアー。
名古屋でももちろん大盛り上がりだったのは来て頂いた皆さんもご存知の通り。

その一部をまとめた映像です。






そしてカメラマンの大矢さんが撮影してくれた当日の写真もご紹介します。
とても迫力のある写真ばかりです!






さらに今回のツアーの様子が12月29日に発売になる
「SLIDER MAGAZINE」にも16ページにわたり特集されています。





次回の来日がまた楽しみです。。。

【SKATE】TOMMY GUERRERO 20th Anniversaryサイン入りデッキ!

 先日のTOMMY GUERREROの来日の時に本人の直筆サインをもらったデッキの販売を開始します!
元々このデッキはREALからTommyの在籍20周年を記念して復刻発売された、限定モデルのデッキです。
限定モデルで数が少ない上にさらに本人の直筆サイン入りとなれば激レア度200%なのは、
皆さんもお分かりでしょう。。。



通常のデッキとクルーザータイプのデッキと2タイプ有りますので、
お好きな方をチョイスしてくださいませ。。。



REAL SLATEBOARDS TOMMY GUERRERO 20years ANNIVERSARY MODEL
の販売ページはこちらから




【SNOW】GENTENSTICK NEW DVD ティーザー!

丁度先日のTOMMY GUERREROのイベントの後に、GENTEMのRIDERであり、
古くからの本当のプロスノーボーダーである、バブルス君がSIDECARに寄ってくれました。

ここ数年お互いに遊びにいったり、また来たりと本当に良い付き合いが出来ていて、嬉しく思っています。
あの男らしいスタイルの中にも人を思う優しさもあり、
特にウチの子供達にもかなり優しくしてもらってます。

BUBBLES&RAN @sidecar

そして今年の冬に久々となるGENTEMのDVDが発売されます。
もちろんバブルス君もトップライナーとして名を連ねているこの作品のティーザーが紹介されました。



THE SPRING SESSION     
〜modern snowsurf experience〜         
2011.12.15 ON SALE   

玉井太朗氏が手掛ける作品としては、第3作目となる「THE SPRING SESSION」 ライヴ感あふれる映像が、
まるでそこで見ているかの様なSNOWSURF FILMに仕上がっています。 
36分の映像の中に、ライダーたちのリラックスした滑りと表情が描かれ、
春山の素晴らしさ、ライディングの楽しさを存分に伝えてくれます。 

撮影•構成•編集は 玉井太朗 エビスフィルムス関口雅樹。 

太郎さんが編集を行ったという事で少し前にFACEBOOKでもその画像がUPされていました。



そして出来上がったティーザーがこちら。







 太陽が少しずつ高さを増し、粉雪が解け、 地形は丸みをおびてスノーサーファー待望の季節がやって来る 
徹底的に滑りにフォーカスしたライヴ感溢れる映像 歴代スノーサーフムービーの流れを汲んだ「THE SPRING SESSION」 

 PRICE 3,360yen
 2011.12.15 ON SALE 
 Total time 36 min  

Starring 
Hayato “bubbles” Maruyama / Tomoki Takaku / Osamu “oum” Okada / Kenichi Miyashita / Tomomi “sheesa” Kuwahara / Gaku Nagata / Atsushi Gomyo / Kazushi Yamauchi / Kensuke Numano / Haruna Kito / Arata Suzumura / Nobuyuki Ohe / Suzuo Watanabe / Tomoya Satake / Masanori Yusa / Ryosuke “MO3” Kenmochi / Rip Zinger / Kento Nakamura / Makoto Yamada / Hiromi Tatsumi / Hideki Takeda / Akio Endo / Makiyo Tamai / Taro Tamai /&more 

Music 
Ray Barbee & The Mattson 2 
Kaki King 
Natural Calamity 
James Yorkston 
The Corona 
The Brian Jonestown Massacre 

supported by 
HESTRA 
H.I.D 
patagonia 
POC 
THE NORTH FACE 
THE SNOWSURF 
GENTEMSTICK 

Planning & sales 
GENTEM Entertainment 2011/TAMAYA PRODUCTS inc.

発売までもう少しお待ちください。


【MUSIC】TG TOUR 動画です。

今日は雨ですね〜。雨の寒さを実感する日ですが、
この低気圧が抜ければまたグンと寒さがやってきそうです。

冬本番の前に心温まる音楽をどうぞ!先日のボトムラインでのLIVE映像の一部を紹介です。

今回はこの夏から使っているCANONのEOS7Dで撮影したのですが、映像の奇麗さは抜群ですが、
音の入力がモノラルでさらに入力レベルがイマイチで音が悪いです。
申し訳ないです。
次回からは別途マイクを接続して撮影しようと決心しました。


この曲は知っている方も多いのでは?

最初の曲は40 Summersです。
2007年リリースのTOMMYのアルバム「Return of the Bastard」に収録されていました。


【MUSIC】TOMMY GUERRERO JAPANTOUR 名古屋リポート。

昨日は前々から告知しておりました、TOMMY GUERREROのJAPANTOUR NAGOYAが
名古屋のボトムラインで開催されました。

SIDECARとボトムライン、そしてTIME IS ECHOとの共催で他にも東海地区のサーフショップ、
スケートショップや色々なお店にご協力頂き行われた、今回のイベント、沢山の皆さんに起こし頂き、
本来なら皆さんにお礼を直接お話する所ですが、とりあえずはBLOGでお礼をお伝えさせて頂きます。
本当にありがとうございます。

今回はTOMMY GUERRERO, RAY BARBEE, MATT RODORIGUEZ, CHUCK TREECEという
BLK TOP PROJECTのメンバーに加え、TOMMYの連れてきた日本語の達者なBASSのHOUSE、
そしてORBというDJという豪華な大所帯での来日となりました。

BLACK TOP PROJECTのメンバーはアメリカにバラバラで住んでいて、TOMMYはサンフランシスコ、CHUCKはフィラデルフィア、MATTはサンクレメンテ、RAYはLAのちかくなどで、なかなか一緒に集う事が無いメンバーが、今回はJAPAN TOURの為に一度サンフランシスコに集まり、事前にリハーサルを行い日本に来日したと言ってました。
それだけに次にこのメンバーで来日するにはいつになる事やら?

僕自身、昨年TOMMYとは会っていて、彼もその事は覚えてくれていました。
一緒に新栄のバーに食事に行って、ウルトラQのDVDを2時間も見た事や、
名古屋の名物である味噌煮込みうどんもエラく気に入っていて、
到着するなり「新美!あのうどんにまた行きたいんだ」
リクエストしてくるなど、名古屋は気に入ってもらえている様でした。

4時頃からリハーサルをスタートしたメンバーは照明の位置や、
自分たちの楽器のモニターの音などを一通りチェックして、ボトムラインの音は十分に満足そう。
その後、新栄のclub MAGOの隣にあるマクロビオテックの食事が楽しめる、
お店「Live&Lounge VIO」に向かう。

古くから知っている、店長の新実くんがお迎えをしてくれ、メンバーのみんなもその雰囲気をご満悦。
チャックとマットは完全なビーガンでダシなどにも動物性の物は一切受け付けない、ベジタリアン。
このお店ならそんな彼らにも問題はありません。
最高のベジタリアンフードが提供されるこのお店ライブ前の彼らのお腹にはとても満足だったようです。。

そして急ぎ足で現場にもどり、7時からORBのDJがスタート。
おまちかねのメンバーのライブは8時半位からスタートしました。

TOMMYの曲や、BLK TOP PROJECTの曲など新しい物から古い物までいろいろと織り交ぜ、

前回とは違う、踊れる感じのセットでかなりオーディエンスを楽しませていましたね。

会場には新潟からバブルスくんや鬼頭春名、名古屋3939の中条君、豊橋CAPCELLのヤンさん、
田原CHILLOUTのまっちゃん、チャーミーのユウジくん、4CHEZ、ハヤッセンをはじめ、
他にも多数のスケーター、サーファーや音楽好きが集まり、前回同様、平日だというのにTGの人気の高さを改めて実感する夜でした。

僕自身も久々にかなり飲み過ぎて途中から軽く千鳥足になりながら、
彼らの音楽に酔いしれてました。





今回、アーティストのアテンドを行っていた僕は、終了後約束通り、彼らを味噌煮込みうどんに連れて行き、
彼らとはそこで分かれ、SIDECARチームと合流し夜中まで今池の味仙でがっつり飲み岐路に付きました。

また次回彼らに会えるのはいつになるのでしょうか?
TOMMYが震災チャリティーアルバムを近いうちにリリースするらしいですよ。
また情報が入りましたら紹介させてもらいますね。

動画も撮影したので、また後日UPします!


【MUSIC】明日はTOMMY GUERRERO 名古屋です。

ついに明日になりました、TOMMY GUERRERO JAPAN TOUR@名古屋ボトムライン。

昨年に引き続き、最高の音を届けてくれる事は間違いないでしょう。
今回は豪華メンバーでの来日とあって、トミーの地元でもなかなか見られないバンドセットが
見る事できるはずです!

スタートは20:00です!
みなさん、現地でお会いしましょう。





●レイ・バービー×チャック・トリース




●BLACK TOP PROJECT
(トミーゲレロ×レイバービー×マットロドリゲス×チャック・トリース)

【MUSIC】11/17 TOMMY GUERRERO feat. Ray Barbee, Blktop Project


先日BLOGでちらっとお伝えした、TOMMY GUERREROの名古屋でのライブの詳細が決まりました。

昨年もSIDECARの15周年でLIVEをしてもらったTOMMY GURRERO待望の再来日です!
前回はTOMMYのソロライブでしたが、今回はRay BarbeeのLiveやblktop projectのバンドでの
ライブも予定しています。

前回のライブではちょうど発売されたアルバム[Living Dirt]の曲をメインに演奏されていて、
今までの曲とは少し違う感じでした。

今回はまた前回とは違った一面を見せてくれる事は間違いないでしょう!







TOMMY GUERRERO Japan Tour 2011 NAGOYA
feat. Ray Barbee, BLKTOP PROJECT 



日  時:2011年11月17日(木) 

場  所:THE BOTTOM LINE http://www.bottomline.co.jp/ 

時  間:開場19:00 開演20:00 
料  金:前売り¥4.500 当日¥5.000 (入場時別途ドリンク代¥500) 
主催/共催:TIME IS ECHO / SIDECAR 
お問い合わせ:THE BOTTOM LINE 052-741-1620 

LIVE 
Tommy Guerrero 
Ray Barbee 
BLKTOP PROJECT 

DJ 

チケット 
チケットぴあ Pコード(152-429) 
ローソンチケット Lコード(45940) 

チケット取り扱い店 
THE BOTTOM LINE (名古屋) 052-741-1620 
SIDECAR (刈谷) 0566-27-0051 
3939 (名古屋) 052-741-1620 
HUNTERS POINT(名古屋)052-622-5838 
PARAISO (岡崎) 0564-57-8433 
CAPCELL (豊橋) 0532-53-3895 
WATERCOLOR (豊橋) 0532-54-0810 
CHILLOUT (田原) 0531-27-0103 
チャーミー (田原) 0531-45-4173 
sloWPorch (浜松) 053-489-4663

チケットはサイドカーで10/15より販売開始!
他の店舗でも来週には購入して頂けると思います。







前回のLiveの様子は



個人的には、昨年最後に演奏し鳥肌が立った、昔から大好きなこの曲も是非やってもらいたい物です。




11/17名古屋 TOMMY GUERRERO JAPANTOUR

 



今年も名古屋にやってきます!
昨年に引き続きSIDECARもサポートして行いますので、詳細はまた追ってご連絡します!


Tommy Guerrero - Nomadic Static


Nomadic Static by Tommy Guerrero from the album Lifeboats and Follies.

Directed by Greg Hunt


15周年イベント「TOMMY GUERRERO at Bottomline」終了!

 2010年9月6日に行われた「SIDECAR 15th Anniversary Party」平日にも関わらず
大変たくさんの皆様に来場頂きまして本当にありがとうございます!

今回はアメリカのサンフランシスコからTOMMY GUERREROをゲストに招いての音楽のイベントを
開催しました。BOTTOMLINEさんや出演頂いたアーティストはもちろんのこと、いろいろなサーフショップや
お店などのご協力もあって、本当にいいイベントとなりました。

月曜日のド平日の開催ということで、どれだけの方が来ていただけるか心配だったのですが、
スタートしてみれば早い時間からお客さんも入り始め、ピークタイムにはフロアーは満タン!
いやいやほんとに楽しい時間を過ごせました。


今回はTOMMYの新作アルバム「Living Dirt」の発表をかねたJapan Tourの一つとして名古屋によってくれ、そしてすばらしい音を届けて行ってくれました。

今までのアルバムとは違いとてもdeepな音でその場でサンプリングした音をループさせ、
重ねて、重ねて、シンクさせとliveとは思えない音で、アーティストのしての幅を見せてもらいました。

そして最後アンコール前には1stアルバム”Loose Grooves & Bastard Blues"に
収録されていた「So Blue Its Black」をギターでplay。
その瞬間にあの場にいた人たちの歓声が!!

僕も鳥肌が立ちましたね。。。

当日写真を撮ってくれたtaroくんから待望の写真が届きましたのでupします。

※写真はクリックで拡大します!

TOMMY & IKUHO




THE DUBNATIONALIES  from  Cafe Nation






MONTY


最後に疲れているTOMMYに無理言ってみんなで写真をパチり。

写真を撮ってくれたTAROちゃんとの写真もUP!!


いろいろな方々の協力で日々が成り立っている事を再認識したパーティーでした。
皆さん本当にありがとうございます!

そして今後もサイドカーは今まで以上にがんばって参ります!


Special  Thanxxxxx.

Tommy Guerrero, Bottomline,  Kotarou, すぎもとまさひろさん, Rush Produntion, FOO, Cafe Nation, THE DUBNATIONALIES, a-fank Syndicate,  Kagiwo, Higashide Taro, Ooya, 4chez, Hiroshi Tanaka, Bells, Asian, SIDECAR Staffs Riders and My Family!!



TOMMY GUERRERO 名古屋入り。

 ついに明日はTOMMY GUERRERO 名古屋!




今日は店を昼頃抜けさせてもらって、TGを名古屋駅までPICK UPしに行ってきました。
メタモルフォーゼを終えたツアー一行は今日の朝に静岡を出発、
お昼14時にこだまの新幹線で名古屋駅に到着。

今回は新しいLIVING DIRTのアルバムのツアーという事で、PAのMONTYとの2人で来日。
左がおなじみTOMMY、今回はギター、ベース、キーボードにパーカッションを一人で操る。
右がいろいろな音をミキサー卓で作り上げるMONTY.



まずはホテルにチェックインして、名古屋までかなりタイトなスケジュールで動いていた
メンバーもちょっと一段落。新栄にある某レストランバーで昼間っからビール。
流石スケーターという事もあって、店の前においてあった、このバランスバイク?で遊んでました。



本当は一緒にスケートと思い、有松のHUNTERS POINTにも行きたかった所ですが、
TGは右足を怪我中との事で断念。名古屋城をチェックしたり、明日のBOTTOM LINEを
下見に行ったりと、かなりのんびりモード。



明日の公演のクレジット前でも。


彼は本当にいい感じの人で、とてものんびりしたムードで包み込んでくれて、
僕のつたない英語も丁寧に聴いてくれる方でした。

TOMMYはベジタリアンと聴いていて、それも魚も乳製品も駄目なビーガンと聴いていたので、完全ベジフードのいろんな店をピック。しかし、来てみれば魚や乳製品はオッケーみたいで、予定を変更して、夜は山本屋のみそ煮込みうどんへ。

「AMAZING!!」と名古屋独特の八丁みそに興味を示していて、

僕「このみそは八丁みそと行ってこの地域だけが使う特別なみそなんだ。」

TG「このみそ欲しいいんだけど、売ってるかい?」

僕「じゃあ明日持ってきてあげるね」

TG「本当か?コレは今までに食べた事がない。頼むよ。」

などど会話し、つかの間の日本での休日を楽しんでいました。


左からRUSH!プロダクションの高山さん。TOMMYと親交の深い千葉のすぎもとさん。
TOMMY、MONTY。


今までもいろいろなイベントで海外のアーティストをアテンドしてきましたが、
その人柄はトップクラス。対応しているこっちも気持ちよくなるようなTOMMYとMONTYに癒されて、さっき帰ってきました。

明日は平日ですが、仕事終わってからでも間に合う時間ですので、是非皆さん
お時間を使って遊びにきてくださいませ。

メタモルフォーゼでトップライナーとして3000人の人を魅了してきた音を是非楽しんでください。

では皆さん明日は現地で!


すぎもとまさひろさんのBLOGでもツアー報告がされています。

月曜日のTOMMY GUERRERO!!

 いつになったらちょっと涼しくなったと感じられるのでしょうか?
統計以来113年で一番暑い夏と言われている今年の夏。

やはり温暖化が影響している事が間違いないでしょう。
最近のニュースではちょっとその話題はあまり取り上げられていませんが、この状況は
今後どうなってゆくのでしょうか?

ちょっと心配ですね。

話は変わって、月曜日のボトムラインでのTOMMY GUERREROを招いてのイベントですが、
明日の日曜日までが前売りの発売となります。



チケットの販売店は下記の通りです。

Tickets Available..


[ 全国 / ALL JAPAN]

・ Ticket PIA: 0570-02-9999 P-CODE (117-132

・ Lowson Ticket: 0570-000-777 L-CODE (46246)

・ e+:  http://eplus.jp/ 

[ 名古屋 / NAGOYA ]

・ Asian: 052-264-3578

・ BELLS名古屋: 052-413-7187

・ BELLS一宮: 0586-43-7006

・ BELLS小牧: 0568-71-6598 

・ SIDEKICK: 052-238-5470

・ BOTTOMLINE: 052-741-1620

[ 三河 / MIKAWA ]

・ SIDECAR: 0566-27-0051

・ Paraiso: 0564-57-8433

・ Cafe Nation: 0566-25-3905

[ 浜松 / HAMAMATU ]

・ sloWPorch: 053-489-4663

・ ゆるり: 053-456-1580

・ PAYAKA: 053-451-6906



そして皆様お待ちかねのタイムテーブルですが、、、。


下記の通りです。


19:00 〜 OPEN !! 

      DJ KAGIWO (60min)


20:00 〜 THE DUBNATIONALIES (60min)


21:15 〜 a-fank syndicate (60min)


22:45 〜 Tommy Guerrero (60min)


23:45 〜 DJs...


となります!


皆様のお越しを心よりお待ちしております。








思い出に残る TOMMY GUERREROの曲

サイドカー15周年記念のイベントが近づいてきました。 今日はTOMMY GUERREROの個人的に思い出に残っている曲を紹介したいと思います。

サンフランシスコ出身のTOMMY GUERRERO。
もとはプロスケーターとしても有名でしたが、最近ではを「Thomas Campbell」が手がけるサーフムービー「sprout」や「The PRESENT」に楽曲を提供しサーファーにも大人気の彼。

僕が一番よくかじりついて聞いていたのは1998〜2001年くらいだったでしょうか?

1998年リリースのファーストアルバムからin my head
確か何かのサーフムービーでも使っていたような気がします。
古い曲ですが個人的には一番思い出に残っていて、好きな曲でもあります。

アルバム名はLoose Grooves & Bastard Blues。
確かこのアルバムは数年前に再発されたはずです。



2000年にMo'WAXからリリースしたアルバム「A Little Bit Of Somethin」からの1曲
Blue Masses。心地よいギターの音と、ドラムが絡むTGらしい1曲です。




同じアルバムから100Years



つづいて2003年リリースの「Soul Food Taqueria」からの1曲。
コレも有名になった曲の一つではないでしょうか?

Organism!!




ここからは比較的新しめの曲。2007年リリースの「Return of the Bastard」から
No Time For Time

最近からTGを聞きはじめた方はこの辺りの曲が思い出の1曲という方も多いのでは?



さらに同じアルバムから「40 Summers」
今の時期にぴったりの1曲。
映像も一緒にお楽しみください。



最後の方はちょっとUPテンポな選曲になってしましたが、
9月8日にリリースされるアルバム「Living Dirt 」は
TGのコメントで

「全部その場でやった(笑)。とにかくスタジオに入ってどうなるか試してみよう、という精神だったんだ」

と、5日間でレコーディングし、その期間ですべて仕上げた作品とのこと。
その瞬間瞬間のひらめきとともに一人スタジオで演奏を繰り返し完成させた、
TG流コンセプト・アルバムと言えそうです。



最後に最近流れているポカリのCMご紹介します!
作曲、演奏はTOMMY GUERREROだそうです!




音楽とは不思議な物で、そのときによく耳にしていた音楽を聴くとその当時の事を思い出すなんて事があります。
僕もお店をオープンしてから、この15年間いろいろな音楽を聴いてきましたがTGはそんないろいろな思い出を思い出させてくれるアーティストの一人です。
そしていろいろな音楽を聴いて行く中で、コレからも確実に彼の音楽は聞いていく事になりそうです。

みなさんもそんな音楽はありますか?


9月6日 TOMMY GUERREO 名古屋公演の詳細は



もちろんサイドカーでチケットも扱っておりますので宜しくお願いします。
 

SIDECAR 15周年記念パーティー

SIDECARがオープンしたのが1995年夏でした。

その年もとっても暑い夏で、オープンの際には駐車場にてスケートボードのイベントをして、さらにSAMURAI SUPER POWERのサウンドシステムを持ち込み、爆音で音楽をかけて一日オープンニングイベントをしました。あまりの爆音に警察が来たりと今でもはっきりと覚えています。


その頃は外にミニランプもあって、、、。こんな外装でした。。。
懐かしいですね。ほんとに。


それから15年前。。。
時間が経つのははやいものです。

いろいろな事がありました。嬉しい事、楽しい事、悲しい事、嫌な事。
いろいろなお客さんが来ていただきました。そしていろいろな物を購入頂きました。
それも全て経験の一つとなっています。

ここまでお店が来れたのも全てお客様のおかげです!
15年間本当にありがとうございます。コレからも今まで以上にがんばって行きますヨ!



そして15周年記念イベント第1弾を本日発表いたします。


Tommy Guerrero Japan Tour & Sidecar 15th Anniversary  Party 

support by Time is echo


Date..

2010年9月6日 (Mon)

open 19:00 start 20:00


Venue..

BOTTOMLINE

名古屋市千種区今池4-7-11  

http://www.bottomline.co.jp

TEL 052-741-1620  


EntranceFee..

Advance:4,000Yen Doors:4,500Yen +入場時1drink 500yen


Live..

・Tommy Guerrero

・THE DUBNATIONALIES

・a-fank syndicate 

Dj..

・KAGIWO (Landscape Music Design / HINOWA REC.)

・IKUHO (SIDECAR / feb)







ボトムラインさんとTime is Echoさんの協力によって開催されるこのイベント。
先日ちょっと前フリした「TOMMY GUERRERO」を招いてのイベントとなります!

又このBLOGでいろいろインフォメーションして参ります!!!
CHECK IT OUT!!




TOMMY GUERRERO

8月に入り、夏も折り返し地点でしょうか?
いつも夏の季節は本当に速くすぎて行ってしまいます。

夏にはいろいろなイベントが野外などでも行われていますが、今年はメタモルフォーゼに
「TOMMY GUERRERO」が来日します。

ジャックジョンソンや、ドノバンフランケンレイターが有名になり、
今でこそサーフミュージックなんて言葉ができていますが、それより以前に、
ストリートカルチャーと密接に絡みながら音楽を作り続けてきたカリスマ
「TOMMY GUERRERO」

スケーターとしても有名で、さらにはトーマスキャンベルのサーフムービーに音楽を数多く提供したり、過去にはUKのMo"Waxからリリースしたアルバムによってクラブシーンからも評価を受け、日本でもSUMMER SONIC、GREENROOM FESTIVAL、などの舞台でも出演を果たしています。




僕も1998年にリリースされた「Loose Grooves & Bastard Blues」や、
2000年にMo"waxからの「Little Bit of Somethin」などはすり切れる程聞いてましたね。


iTunesでも購入できますので、是非聞いてみてください。
心地良いギターの音が、夏のサンセットに最高に合いますよ。




S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
アーカイブ

qrcode

スマートフォン表示に切り替え