『1994 THE PATH TO GENESIS』入荷しました。

12月15日に発売となった『1994 THE PATH TO GENESIS』が本日店頭に入荷してきました。

 

『1994 THE PATH TO GENESIS』¥5,200 (税別)

 

 

 

 

 

994年に玉井太朗からの一本の電話で始まった命がけのセッションの記録が、128ページに渡ってプリントされたフリーライディングフォトグラフのマスターピースと言っても過言ではない珠玉の写真に凝縮されています。

 

現代のバックカントリースノーボーディングやスノーサーフムーブメントに通ずる、樋貝吉郎氏がひとつひとつの瞬間を切り取った

初期のニセコやアラスカ、それにスノーボーディングにエクスペディションという概念が存在していなかった頃のモンゴルやシベリアの旅等、3ヶ月に一度の旅というハードスケジュールの中で撮影された現在のgentemstickに通ずるこれらの写真の数々をじっくりと堪能して下さい。

 

当時を知る方も、知らない滑り手にとっても多くの発見があるでしょう。日本のフリーライディングシーンの源流に触れるこの写真集は、玉井太朗は勿論、高久智基、桑原知美、鈴木光、丸山隼人を始め、gentemstickファミリーのgentemstickへ通ずる歴史がこの本に収められているのです。』  -Taro Tamai

 

「1994 THE PATH TO GENESIS」と名付けられたこの本は、ひとつひとつのターンにすべてがあった僕たちの最も純粋で崇高なモダンスノーサーフが現代に至る出発点となった時代の目撃者、樋貝吉郎の渾身のドキュメンタリーである。 玉井太朗

 

 

WEBSHOPへのUPはもうしばらくお待ちください。

 

 

JUGEMテーマ:スノーボード

お勧めミッドレイヤー Vol.2

Blogの更新頻度が激減して申し訳ありません。。。12月に入って最終の入荷ラッシュで、PCの前に座ることも激減しチューンナップと、納品に追われていました。それもやっとピークを超えて、今週からは少しいつものペースに戻りそうです。

 

それも、今シーズンは2シーズン続けて遅かった雪を取り戻すかの様に、各リゾートでは順調な仕上がりを見せています。白馬、岐阜共にスキー場オープン日には、全く問題ない積雪量でオープンできているところがほとんどで、昨年に比べ1ヶ月半くらいシーズン長くなることになるスキー場も多いと思います。

 

何はともあれ、雪が豊富な事は僕らにとって、とても嬉しいことでもあります。

今週もしっかりとした寒気が今日から入りそうなので、またさらにゲレンデコンディションは良くなること間違い無いですね。

 

 

 

そして今年はオリンピックイヤーです。お隣の韓国「平昌」で行われる冬季のオリンピックが2月に迫っています。この週末に行われた、アメリカの代表選手選考も兼ねた「USグランプリ」というFISのワールドカップでの、リザルトで見事「平野歩夢」が優勝。2位に「ベン・ファーガソン」3位に「ショーン・ホワイト」という結界に終わりました。

2位のBENのスイッチランのアンプリチュード(高さ)とエクスキューション(完成度)の高さにもビビりますが、優勝の歩夢の高さはもちろんのことFSダブルコーク1440°を出すなど、前回失敗した技を完璧に決めての優勝となった。前回のオリンピックよりも難易度の上がったルーティーンで臨む平昌。ゴールドメダルも有力ですね!

 

 

 

前振りの話が長くなってしまいましたが、前回からの続きのオススメミッドレイヤーVOL.2です。今回はP.RHYTHMからリリースされている、INSULATIONSの「ALPHA」シリーズのご紹介です。厳冬期のインナーとして、オススメするこのシリーズ。巷で話題の化繊の中綿を使用していて、使用素材は/ Polartec Alphaを使用しています。

PatagoniaのNanoAirやARC’TERYXのPROTONなど、同じカテゴリーでフィールドで濡れてもOKで、蒸れない化繊ダウンが世の中のトレンドですね。

 

 

動いても蒸れない中綿 「ALPHA」は本来は米軍特殊行動部隊のコードネームで、ポーラテック社が米軍とダウンに替わるインサレーション素材を開発しました。 ダウンは濡れるとロフトが減少し保温性が低下するというデメリットがありましたが、化繊の中綿は濡れても保温性を維持することが可能になりました。 しかし、化繊中綿は熱がこもりやすいために「蒸れる」というデメリットがあり、長時間行動する場合に「汗冷え」の原因になることがあります。 ポーラテック社は化繊中綿と同様に軽量で保温性に優れ、尚かつ非常に高い通気性を持つ中綿「POLARTEC ALPHA」を開発しました。 また、中綿を覆う表素材は「ALPHA」の特徴を活かすために通気性を確保する、国産の20デニールのストレッチ・ナイロン素材、内側には汗や水分を放出しやすいメッシュ素材を使用しています。表地表面にはDWR(耐久撥水)を施しています。 「ALPHA」は軽量・コンパクトで温かく、動きやすく蒸れにくい、インサレーションには最適な中綿です。

 

 

 

・ALPHA HOOD ZIP JACKET ¥34,000- 

普段のアウターとしても、使用できるフード付きのジャケット。首元は高くなっていて、風が強い時などでもしっかりと首元を温めてくれます。昨年のモデルに比べ、中綿の重量が88g/m2から98g/m2に変更になり、より暖かくなっています。

登りを伴う本州のバックカントリーユースでは少し暑くなってしまうかもしれませんが、寒い日のゲレンデで使うには持ってこいのアイテムです。

 

 

・ALPHA HARF SHIRTS ¥ 28,000-

HOODが要らないという方には7部丈のシャツタイプもリリースされています。グローブや腕周りに干渉しない袖の長さ、ベストでは寒いという時に重宝する、他ではあまりないタイプのインナーシャツとなります。個人的にもこのシャツは気になっています。

 

 

 

 

・ALPHA CROPPED PANT ¥17,000-

昨シーズンも大好評だった7部丈のインナーパンツ。ブーツカットでブーツに干渉しないこの長さは最高の調子いいです。最近ではこのパンツを行き帰りにも履いて、このパンツにソレルブーツっていうスタイルで、山への通勤をされるお客さんもちらほらみます。厳冬期に寒い場所で着替えることなく、行き帰りすることができる怠け者にもオススメできるパンツです。今年よく売れています!

 

 

 

P.RHYTHMのALPHAシリーズの

SIDECAR WEBSHOPはこちら。。

 

 

3LAYERのウェアーは防水性、透湿性には優れますが、その分保温性はないので、ご紹介する様なミッドレイヤーで体温調整をしながら快適なライディングを楽しんできくださいね。

 

では今週もいい雪に当たります様に!

お勧めミッドレイヤー Vol.1

この間の火曜日は、八方のゲレンデでカービングセッションでした。

この日もリフト券売り場では天気も良かったので、山に上がるお知り合いに何人か会いましたが、

今日はトレーニングdayとバックカントリーに後ろ髪を引かれながら、ゲレンデに。

STAFF2人で、カービングについてあーでもない、こーでもないと、シーズン初めのトレーニング。

いつもお客さんと滑ってしまうと、ゆっくり確認しながらって感じにならないので、

今回はポジション確認したり、エッジの乗り方、板の抜き方などいろいろ試して足慣らし。

冬が始まったなーと実感しました。

 

 

 

 

 

白馬のコンディションは上々で、先週ドカ振りした雪が豊富に積もっていて、

ゴンドラより上部はかなりGOODな状態に仕上がっていました。

スカイラインもオープンしていて、まずまずの滑走距離を楽しむことができます。

まだ外国人の方々も来てないので、かなり快適にクルージングすることが可能です。

 

 

 

 

そしてお昼過ぎまで滑って、ちょっと遅めのランチを「おばんざい&かふぇ ごま」で。

お昼の休憩もなく、木、金のお休み以外やっているので、不規則な僕らのランチにも最高の場所です。

「ごまさん」の作るおばんざいは、疲れた身体にも優しい日本食。

そしてバックカントリーの山好きが集まる白馬の隠れた人気スポットです。

前払い&セルフサービススタイルなので、初めての方はご協力を。

 

また12月19日(火)は平日ですが、日帰り白馬セッションが決定しています。すでに何人もエントリーしてきているので同乗希望の方は、スタッフまでお伝えください。シーズン初めのライディングセッションを是非みなさんと!

 

 

そしてシーズンに入って、ギアは揃いましたが、これからは小物のチェックする時期にもなってきます。

今日はお勧めのインナーVOL.1(次があるのか?笑)と記して、個人的にオススメなミッドレイヤーをご紹介します。

 

 

PATAGONIA「M'S CROSSTREK HOODY」¥22,800(税別)

 

パタゴニアのフリースとしてはレギュレーターシリーズの「R1」「R2」などの通気性のよいフリースが、あまりにも代表的ですが、厳冬期には少し寒い場合も多いです。特に寒がりの僕にとっては...

そこでもう少しフリースが密になった、このモデルをご紹介します。

フリース素材は「ポーラテック社のパワーストレッチフリース」を使用していて、

フリースはしなやかな外側のジャージー面がジャケットの下に滑らかにフィットし、

毛羽立ったソフトな内側は水分を吸湿発散して温かさを閉じ込め、体をドライに保ちます。

もちろんアウターとしても使用でき、DWRの撥水加工もしてあります。

 

 

 

 

 

PATAGONIA「M'S CROSSTREK HYBRID HOODY」¥26,000(税別)

 

そしてさらにお勧めがこちらのハイブリッドモデル。ポーラテックのパワーストレッチフリースは同じで、前身頃の胴体部分にNANO AIRと同じ、通気性のある化繊のダウンを使用しより保温性の高いハイブリッドな組み合わせ。数年前にピトンハイブリッドフーディーという、調子のいいフリースがあったのですがそれに後継モデル?となります。

ピトンに比べ若干アウターも意識しているので、裾部分が少し広めになっているのと、手首部分は親指のループも付いています。

 

 

 

上の写真の遠目は一緒?に見えますが、近くで見ると化繊ダウン部分とポーラテックのフリース部の素材感は違いがあります。

また化繊のダウンは少し濡れても、大丈夫というメリットもありますしね。

 

 

 

 

また個人的に大好きな帽子の上のフードのスタイルもバッチリできる、

フードの形になっていて、今年の冬のヘビーユースは間違いないです。

 

 

一般的なフリースと違い防風性もある、テクニカルなフリースとなります。

当店の在庫もメーカーの在庫も少ないモデルとなっていますので、お早めにどうぞ。

またBLOGを見てご購入を希望された方には、ちょっとお得なキャンペーンも店頭にて実施中です。

店頭で「BLOG」見ました!とお伝えください。12月末までのキャンペーンとなり、

商品が売り切れたら終了です。

 

遠方の方はWEBSHOPからもご購入いただけます。

 

SIDECAR WEBSHOP CROSSTREKのページ

 

 

JUGEMテーマ:ファッション

一気に冬モードです!

 

冬型の気圧配置がコンスタントに決まり、今年は数年ぶりに11月から滑れる環境が整いました!

昨日八方では一晩で100cmの積雪があったようで、一気に積雪量は140cm。

初滑りからドパウダーを味わえた方、おめでとうございます。

 

僕らも先週の火曜に立山に行っていたのですが、吹き溜まりや積雪量200cmオーバーでした。

立山の写真をFlickrにUPしました。

 

2017年11月立山

 

 

この日、僕らがちょうど大町方面の扇沢から上がっている際に、雄山の直下からでかい雪崩があり、

ついたタイミングでは室堂ターミナルではその話題で騒然としていました。

 

大きな斜面や、シュートを避け日帰りだった、僕らは近場で3本滑ってきました。

シーズン初めということもあり、いきなり標高2500mのハイクアップはいつもよりも苦しく感じましたが、

とりあえず、久しぶりにコンディションの良い「秋の立山」を楽しめたことで大満足の1日となりました。

 

そしてこの寒波は、また来週もやってきます。今の所、水曜から天気が崩れ始め、

標高の高い場所では木曜から雪マークが付いてます。

 

 

来週末もパウダー??

準備が遅れている方、シーズンは始まってますよ!

 

また、店頭の在庫も売切れのモデルが目立ってきました。

2年続けて雪が少なかったので、各メーカーも今年は在庫が少なく、売切れのモデルが多数出ています。

 

gentemstickも売り切れモデルが多数で始めました。

こちらのチェックもお忘れなく。

 

sidecar webshop

http://www.sidecarshop.com

 

BURTON STEPON 残りわずかです。

昨シーズンのSTEP-ONのディーラー向けの試乗会の時に「Terje Haakonsen」が、そのテストに顔を出していました。

一緒に少しだけライディングした彼のスキルは未だ健在。

 

僕ら30〜40代のレジェンドであった彼は、時が変わっても未だにスノーボードを愛し、

そして素晴らしいライディングを見せてくれた。

 

その時の映像はちらほらと見ることができたのですが、この度正式にyoutubeにUPされたので紹介します。

見慣れた白馬五竜でのライディングも彼が滑れば、遊び場所満載。

 

 

 

ここで彼が使用しているのは、もちろんBURTONのSTEP-ONバインディングとPHOTON STEP-ON。

この映像を見れば、違和感なくライディングできるのは一目瞭然。

 

店頭の在庫も少なくなってきました。

 

26.0 - 1足 / 26.5 - 1足 

 

となりました。ご購入希望の方はお早めにどうぞ。

 

 

早めに滑れそう?

YETINAが今季3回目の再入荷です。

 

フルジップ以外は、すべて入荷しましたが、またも売り切れのサイズが出てきています。

サイズ感をわかるように少し写真を撮りました。

 

身長168cm 体重61Kgで「Sサイズ」のPULLOVER HOODYを着用しています。

 

僕自身はPULLOVER HOODY、SWEAT PANT、SWEAT SHIRTSと全てSサイズを使用しています。

ZIP HOODYのみサイズ感が少し小さいので、購入時には気をつけてくださいね。

 

 

Yetinaの素材は最高に暖かいことは前にもお伝えしましたが、一つだけ毛玉ができやすいという特徴があります。

使っていくとよく擦れる部分には毛玉ができてきます。

その場合は市販の毛玉カッターなどを使用して、毛玉をカットして貰えれば、また綺麗なフェイスになり長く使用できます。

僕も昨年、購入したモデルもまだまだバリバリ現役です。長く使える最高のアイテムです。

 

 

 

裏生地はこんな感じでかなり起毛していています。これが暖かさの秘密でもあり、

また普通のスウェットに比べ風も通しにくいです。

 

 

 

 

 

真冬並みの寒波が入ると、ニュースでも報道されています。ここ2年スタートが遅くなっただけに、このニュースは嬉しい。

 

日曜から月曜にかけて寒気の入りもまずまず、そしてその後も気温が低く保たれそうです。

 

 

こうなってくると、ゲレンデのオープンの日程も気になってきます。

白馬ではすでに上部で20cmの積雪があり、しっかりと根雪になっているようです。

もしかしたら、来週??? はないか!笑

岐阜のスキー場でも急ピッチで降雪が行われいます。
12月上旬にはいろいろなところでオープンの話が出そうすね。

 

今シーズンは早めに楽しめそうですね。

 

JUGEMテーマ:ファッション

海と山の天気がめまぐるしく...

日に日に気温が下がっていきますね。水温はまだまだ暖かいですが、着替えが少し寒い季節になってきました。

火曜日の定休日、顔なじみの皆さんといつもの場所へ。最初は腰ぐらいでのんびりスタートでした。

 

 

ところが途中からサイズアップして、セットで頭くらいの波が、ガンガン入るようになり、

ミドルではまると結構ハードな状況に..

 

 

ほぼ貸切状態で、みんなで声をかけあいながら、疲れ果てるまでやりきった1日でした。

いやいや、やっぱり行ってみないとわからないですね。こんなにサイズアップするとは..

 

 

 

冬モードもしっかり意識しています。立山も今週から来週はずっと雪マークが続いています。

滑れるコンディションにはなりそうですが、一気に雪が降りそうなので、雪の安定度と意外と晴れる日が少ないことが気になります。 ピンポイントで当てられるかどうか? 今後の天気も気になるところです。

 

 

 

 

店頭にはかなりの商品が入荷してきています! ウェアーも色々入荷し、今週にはついにP.RHYTHMのウェアーも入荷する予定となっています。ご予約頂いているお客様には、できる限り早くお届けできるように進めていきますね。

 

そしてBURTONがリリースするAK457のウェアーの動画を紹介します。既にリリースして何年も経つAK457のウェアーですが、今年のカラーは中々いい感じです。

 

GRAYとNEONGREENの組み合わせのカラー

 

 

NEON GREENの単色のカラーのジャケットが店頭にも入荷しています。

 

 

 

洗練された、完成度の高いウェアーとなっていますので、ぜひ店頭でもチェックしてみてください。

 

SIDECAR WEBSHOP 「AK457」のページ

http://www.sidecarshop.com/category/1685.html

 

 

JUGEMテーマ:スノーボード

GOPRO HERO6 再入荷しています。

今や撮影機材のスタンダードとなった「GOPRO」の最新モデル「HERO6 BLACK」が再入荷しています。まだまだ入荷数が少なく、売り切れが続いていますが、これからの冬のシーズンの購入を検討されている方は、早めにどうぞ。この時期はいつも売り切れが続き、なかなか入荷も少ないです。

 

 

SIDECAR WEBSHOP

GOPRO HERO6 販売ページ

 

 

 

そんなGOPROを使った映像をご紹介。ジョン・ジャクソンとフレデリック・カルバーマッテンが白馬でライディングした映像です。よく見慣れた白馬の山々、栂池のバックカントリーから、コルチナまで、白馬のいろいろな場所で撮影しています。

 

また、ガイドの松本省二くんも、ちらっと出てきます。

ワールドクラスの山として認められた白馬、今年も楽しませてくれるはずでしょう。

 

 

JUGEMテーマ:スノーボード

「元旦Session 2018 」 with 丸山隼人 & 鬼頭春菜

今年は久しぶりにお正月に白馬でツアーを行うことが決定しました。

 

白馬八方をベースに1月1日から1月3日までで、スペシャルゲストに「丸山"バブルス”隼人」と「鬼頭春菜」を迎えてのセッションです。1月1日は到着日はフリー、1月2日はゲストとのゲレンデセッション、1月3日白馬周辺でゲストとバックカントリーというスケジュール。バックカントリーガイドは番亭となります。番亭の代表でK2の「竹尾雄宇」、サイドカーライダーの「磯村直樹」もBCのガイドスタッフ、そしてゲレンデセッションでは、昨年「HAPPO BANKS」でディガーとして従事していた「佐藤俊宏」もお客様のサポートスタッフとして、サイドカーから参加します。

 

 

「元旦Session 2018 」 with 丸山隼人 & 鬼頭春菜

 

日 程:1月1日(祝)〜1月3日(水)

 

場 所:1月1日〜2日 八方尾根スキー場

    1月3日     白馬周辺バックカントリー

 

宿 泊:グレース白馬 

    〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村八方 TEL.0261-72-5155

    http://grace-hakuba.com

 

ゲストライダー:

丸山隼人 (GENTEMSTICK, Patagonia, BURTON, ANON, HESTRA, MSR, Kossymix, GoPro, ZEN NUTRITION, SAL PROTECTION, SNOW SHAPER )

鬼頭春菜 (GENTEMSTICK, Patagonia, K2, Kossymix, MSR, ZEN NUTRITION)

 

定 員:1月1日〜2日(10名)

    1月3日   (8名)

 

プラン:(A)「3Days+ゲストセッション+白馬Bc+宿泊」1月1日~1月3日 「¥59,000」

    (B)「2Days+ゲストセッション+白馬Bc+宿泊」1月2日~1月3日 「¥46,000」

    (C)「2Days+ゲストセッション+宿泊」1月1日~1月2日      「¥29,000」

    (D)「1Day+白馬バックカントリー」1月3日 「¥18,000」(夕食無)

    (E)「1Day+ゲストセッション」  1月2日   「¥8,000」(リフト券無/夕食無)

 

    ※プランD,EについてはA,B,Cを優先とし、定員に空きがあった場合に参加可能です。

    ※リフト券が必要ない方は1日¥4,000を割引いたします。(1日と2日のみ)

 

【スケジュール】

 ●1月1日 :終日フリー / 夕食

 ●1月2日 :ゲストライダーとセッション(八方尾根)/夕食/ 軽いパーティー

 ●1月3日 :ゲストライダーと白馬周辺にてバックカントリー 

 

【料金に含まれるもの】

・ゲストライダーとのセッションフィー(1月2日と3日)

・宿泊と夕食(プランA,B,C)

・バックカントリーガイド料金(プランA,B,D)

・1月1日〜2日のリフト券代 (プランA,B,C,E)

 

【参加条件】

・スポーツ傷害保険に加入されている方

・スノーボードの好きな方

・3日のバックカントリーは経験者のみ

 

【キャンセル料】

・10日前まで……20%

・9日〜6日前…40%

・5日〜2日前…60%

・前日及び当日…100%

 

【バックカントリーガイド】

 番亭

 

 

お申し込みは

 

Tel : 0566-27-0051

Mail : info@sidecar.co.jp

JUGEMテーマ:スノーボード

Moss Snowstick | Origin Story: Shinzo Tanuma Founder Interview

Moss Snowstick | Origin Story: Shinzo Tanuma Founder Interview from Moss Snowstick on Vimeo.

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
アーカイブ

qrcode

スマートフォン表示に切り替え