2016 バックカントリーツアー白馬 予約受付開始!




今や世の中でも、ありきたりの言葉となったバックカントリースノーボード。サイドカーでは2003年から行っているバックカントリーツアー。今年で13年目の開催となります。当時は山に入る人もとても少なく、白馬のバックカントリーを見渡しても人を見つける方が難しい程の状況でした。しかし時は流れ、週末となれば多くの人々がバックカントリーを楽しむ様になりました。

サイドカーのバックカントリーツアーでは、既に13年という事で、のべ300人以上もツアーに参加していただいた事になります。数々の素晴らしい思い出はもちろん、同行するスタッフが撮影した数々の写真も残してきたこのツアーは、今年も今まで以上に素晴らしいバックカントリーでの思い出を提供出来ると思います。

今年初めてバックカントリーを経験したい初心者の方はもちろん、いつも仲間とバックカントリーに入っている方も、新たな山の一面を見る事ができるでしょう。そして、もしかしたら貴方の素晴らしいパウダーライディングの写真が残るかもしれません。

サイドカーは白馬のバックカントリーをこの15年間見続けてきました。しかしまだまだ飽きない素晴らしいラインが無数にあります。飛行機で飛ばずともアドレナリンが出る素晴らしいフィールドを是非一緒に楽しみましょう。

金曜の夜からの宿泊と食事そしてガイド付きのバックカントリーツアーとなりますリピーターも多く、10年以上開催されている信頼のあるツアーです。 SIDECARのバックカントリーツアーからパウダーが大好きになった方も 数多くいらっしゃいます! 是非、スノーボードの魅力を再確認できるツアーですので 是非皆様のご参加お待ちしております!



【第1回】1月16日(土)〜17日(日)黄黄(初心者、中級者向け)
ガイド:カラースポーツクラブ
宿泊:松ノ木亭
定員:12名
金額:¥35,800-
レンタル別途¥3,240-(スノーシュー、ビーコン、ポール、プローブ、ザックなど)
代金に含まれるもの(ガイド代、宿泊費2泊3食付、
ライディング写真撮影、山岳保険込み)

<内 容> 初めての方やバックカントリー初心者〜中級者向けのツアー内容。 この場では、バックカントリーを楽しむに当たって必要とされる、”用具”そして ”行動”などの事柄について考えて行きます。それは、道具の選択から始まり、 その場における状況をどのように判断し、行動していくかなどが含まれます。また、万が一雪崩の発生したときに、素早い対応がなされるよう、ビーコンの使い方などをゲーム方式で実践してみたりし、2日目はスノーシューをフルに 活用し、白馬エリアにて滑走標高差600〜800m程を楽しみます。 このツアーには金曜日の夜の宿泊、土曜日の宿泊費用と3食分の料金が含まれています。 金曜日の仕事が終わってから白馬へ移動し、宿で寝てから土曜日のツアーに参加します。 乗り合い希望も承りますよ!
フィールド:八方(八方池周辺、押出、ガラガラ沢)栂池(天狗南1&2&3、西ヒヨドリ、プチ八甲田、西ヒヨドリ北1&2&3、)、小谷(若栗P4南、若栗P3北0&1)、大渚山&雨飾山周辺(大渚山中部、キャンプ場、雨飾P4)等々




【第2回】2月20日(土)〜21日(日)赤、赤(経験者のみ参加可能)
ガイド:カラースポーツクラブ
宿泊:やまきち
定員:10名
金額:¥39,800- 
レンタル別途¥3,240-(スノーシュー、ビーコン、ポール、プローブ、ザックなど)
※代金に含まれるもの(ガイド代、宿泊費2泊3食付、ライディング写真撮影)
※山岳保険は別途加入が必要。


<内 容> 黄色を体験したうえで、よりエキサイティングに楽しんでみたい方対象。 ゴンドラやリフトを大いに活用し、黄色の倍、滑走標高差1,000〜1,200m程の ルートを楽しみます。 赤色を体験したうえで、より深く楽しんでみたい方対象。 ゴンドラやリフトそれにハイクアップをプラスし、赤色より山の奥へ奥へと、 滑走標高差1,200〜1,400m程のルートを楽しみます。 普段なかなか人が入らないフィールドへ足を運びます。 このツアーも金曜日の夜の宿泊、土曜日の宿泊費用と3食分の料金が含まれています。 金曜日の仕事が終わってから白馬へ移動し、宿で寝てから土曜日のツアーに参加します。

フィールド:八方(ミックスショート、スモールトライアングル、オープンワイド、ミックスロング、ビックトライアングル、プチトライアングル、崩本沢、吊り縄、崩沢、大ヌケ尾根東クランク沢、大ヌケ東尾根)栂池(白馬乗鞍岳、山の神変形ヒヨドリ編(真北、S字、バナナシュート、親沢上部、親沢上部タイトライン、二段台地ライン)、小谷(虫尾沢1&2&3&4&5&6)、大渚山&雨飾山周辺(大渚山、キャンプ場ピーク、雨飾P2.5)等々


2015年1月ツアー写真



2013年2月写真



2012年2月写真


JUGEMテーマ:スノーボード

カムイ御坂ハーフパイプツアー。

昨日9月13日に山梨県のカムイ御坂ツアーに行って来ました。僕自身は10数年振りの御坂。丸山淳くんがライダーとして、そしてディガーとして働いていた全盛期以来。
今回は古くからサイドカーのチーム員でもあり、昨年はJSBAの全日本ハーフパイプでファイナルまで残った大城拓也の声掛けによって、企画が始まった今回の御坂ツアー。


初めての人には拓也が、アドバイスをして初めてのハーフパイプにドロップ。最初は緊張していた入っていた人も、ツアーという事で色々な人と話ながら和気あいあいと滑っているうちに少しづつ慣れていった様です。また、夏の間にもカムイ御坂で滑っているお客さんも多数参加してくれて、1stセッションの4時間があっという間に過ぎていきました。


大城拓也 (SIDECAR)
冬の間には南郷スキー場でハーフパイプのレッスンも行っている拓也。優しい性格で参加者のみんなに、しっかりとコーチングしてくれました!





濱崎あゆみPRO(SCOOTER / SIDECAR ) 
スロープのイメージのAntiですが、今回は初めてのカムイ御坂でハーフパイプ。初めてとはいいつつも結局4時間ガッツリ最後まで滑って、最後の方にはどんどん調子を上げていっていました。流石です。




永田浩範PRO(Fanatic / RIDEOUT)
昨年堂々のプロ昇格を果たした、若干15歳のプロライダー「ヒロ」、いつもはメローで笑顔の絶えない中学生も滑り始めれば、アグレッシブ。最近サイドカーにも良く来てくれて今回も一緒に参加してくれました!




玉田貴らPRO (OGASAKA)
現役女子大生のプロスノーボーダー「タカラちゃん」夏休み中、御坂にアパートを借りて毎日パイプを滑り込む彼女。彼女も最近サイドカーに来てくれます。今回も参加者のみんなと現地集合で一緒に滑り、その後の食事にも参加してくれました!




左から拓也、アユ、タカラちゃんの3ショット。




写真をフルスクリーンで見る方はこちら。




来月は新しくオープンする、愛知クエストのツアーも企画しています。日程は10月17日(土)の予定です。詳細はまたUPシマス!
今回参加頂いた皆さん!お疲れさまでした&ありがとうございました!


JUGEMテーマ:スノーボード

平日BackCountry Tour @ Hakuba 番亭

週末に続いて、白馬での日帰り平日バックツアーが終了しました。平日にも関わらず、沢山のお客様からお申し込みを頂き、誠にありがとうございます。定休日に開催という事もあり、メンズスタッフも全員参加させてし、皆さんと楽しませて頂きました。

前日の大雪は少し落ち着いたものの、まだ風と雪が少し残った今回のツアーあまり標高をあげずに、沢上の地形を楽しんできました。前日までの雪も適度に沈降し、Deepパウダーを満喫。写真を見て頂ければ一目瞭然。一時ガスで視界の悪いタイミングもありましたが、終わってみれば大満足の一日でした。

ガイド「番亭さん」は古くからの友人でもある「竹尾 雄宇」が代表をつとめるガイドカンパニーで、サイドカーが古くからお付き合いのある、カラースポーツさんとはまた違ったテイストでバックカントリースノーボードを提供してくれます。
特に、ほとんどのガイドがスプリットボーダーで有る為にスプリットのノウハウを知りたい方は是非利用してみるといいと思います。

今回は6名のスプリッドボーダーがいて、ここ数年のスプリットボードの使用率の増加を感じられるツアーでした。
サイドカーでは、スプリットボードのノウハウについては愛知県内では、どこよりも早くスタッフがフィールドで使用し、スプリットボードの販売に関しては多くのノウハウを蓄積しています。ご興味のある方はぜひご相談下さい。

また、今後もいろいろなツアーも行っていきますので、皆さん是非ごさんかくださいね〜。

写真をフルスクリーンで見る方はこちら。



 

北海道ニセコツアー!申込スタートです!




【SIDECAR 北海道ニセコツアー】 

1998年より9年間開催していた、北海道のニセコツアーが今シーズン久しぶりに復活します!
今や世界中からパウダーフリークが集まるリゾートとなったニセコ。
今回はニセコアンヌプリのゲレンデフロント徒歩0分の「ノーザンリゾートアンヌプリ」での
宿泊となります。源泉掛け流しの露天風呂、ゲレンデの目の前のハイクラスホテルで、
広大なナイターゲレンデも楽しめるツアーです。
また、オプションでGENTEMSTICK 高久智基率いる、POWDER COMPANY GUIDEの
お申し込みも可能です。この地域では考えられない程大きなゲレンデを遊び尽くすには、
知り尽くしたローカルとのセッションが一番です。個人で参加するよりも格段に楽しめる
ツアーです。是非皆様ご参加下さい!

【日 程】ツアーの日程を選べる様になっています。
 ①2014年2月27日(金)〜3/1(日)2泊3日 
 ②2014年2月27日(金)〜3/2(月)3泊4日 
 ③2014年2月27日(金)〜3/3(火)4泊5日

【場 所】ニセコアンヌプリ http://annupuri.info/winter/

【宿 泊】ノーザンリゾートアンヌプリ http://www.niseko-northern.com

【オプション】POWDER COMPANY GUIDEによるガイド http://www.powcom.net        

【料 金】
 ①2泊3日 大人 ¥69,800 子供¥64,800
 ②3泊4日 大人 ¥76,800 子供¥67,800
 ③4泊5日 大人 ¥82,800 子供¥75,800 

【航空会社】ANA  
 ※行きANA701 08:15発 / 09:55着  ※帰り ANA714 19:55発 / 21:50着

【料金に含まれるもの】  
 ●航空代金(全日空利用、手荷物20kgまで無料)●宿泊費(3名一室)
 ●宿泊時の全ての朝食 ●サービス料 ●チップ

【キャンセル料】
・出発の21日前まで 無料
・20日〜8日前まで 20%
・7日〜2日前まで   30%
・前日、当日朝   50%
・旅行開始後   100%

※空港からニセコへのバス代は含まれておりません。希望の場合は別途3,850円
※リフト券は別途になります。


JUGEMテーマ:スノーボード

バックカントリーツアー白馬の受付開始です!

毎年恒例の人気のツアーの受付を開始します。

白馬で開催するバックカントリースノーボードを体験できるツアーです。  
今まで興味は有ったけど、まったく知識が無くなかなかやることができない。  
やってみたいけど、一人で行くにはちょっと心細い。  
パウダー大好きだし、もっとより深いポウダーを味わいたい。  
フリースタイルばっかりだったけど、ちょっと違うスノーボードを楽しんでみたい。  
そんな方におススメのツアーです。  もちろんスノーボードがある程度滑走できる方ならどなたでも参加できます。  
金曜の夜からの宿泊と食事そしてガイド付きのバックカントリーツアーとなります。   
リピーターも多く、10年以上開催されている信頼のあるツアーです。
SIDECARのバックカントリーツアーからパウダーが大好きになった方も 数多くいらっしゃいます!
是非、スノーボードの魅力を再確認できるツアーですので 是非皆様のご参加お待ちしております!

※毎年定員いっぱいになりますので、お申し込みはお早めにどうぞ!

【第1回】1月17日(土)〜18日(日)青黄(初心者、中級者向け)  
ガイド:カラースポーツクラブ 
宿泊:松ノ木亭 
定員:12名 
金額:¥29,800- 
レンタル別途¥3,240-(スノーシュー、ビーコン、ポール、プローブ、ザックなど) 
代金に含まれるもの(ガイド代、宿泊費2泊3食付、山岳保険込み)  

<内 容>  初めての方やバックカントリー初心者〜中級者向けのツアー内容。
この場では、バックカントリーを楽しむに当たって必要とされる、”用具”そして ”行動”などの事柄について考えて行きます。それは、道具の選択から始まり、 その場における状況をどのように判断し、行動していくかなどが含まれます。また、万が一雪崩の発生したときに、素早い対応がなされるよう、ビーコンの 使い方などをゲーム方式で実践してみたりし、2日目はスノーシューをフルに 活用し、白馬エリアにて滑走標高差600〜800m程を楽しみます。    
このツアーには金曜日の夜の宿泊、土曜日の宿泊費用と3食分の料金が含まれています。
金曜日の仕事が終わってから白馬へ移動し、宿で寝てから土曜日のツアーに参加します。
乗り合い希望も承りますよ!



【第2回】2月21日(土)〜22日(日)赤、赤(経験者のみ参加可能)  
ガイド:カラースポーツクラブ 
宿泊:やまきち 
定員:10名 
金額:¥36,800-  
レンタル別途¥3,240-(スノーシュー、ビーコン、ポール、プローブ、ザックなど) 
※代金に含まれるもの(ガイド代、宿泊費2泊3食付)  
※山岳保険は別途加入が必要。 

<内 容>  黄色を体験したうえで、よりエキサイティングに楽しんでみたい方対象。
ゴンドラやリフトを大いに活用し、黄色の倍、滑走標高差1,000〜1,200m程の ルートを楽しみます。
赤色を体験したうえで、より深く楽しんでみたい方対象。 ゴンドラやリフトそれにハイクアップをプラスし、赤色より山の奥へ奥へと、 滑走標高差1,200〜1,400m程のルートを楽しみます。
普段なかなか人が入らないフィールドへ足を運びます。
このツアーも金曜日の夜の宿泊、土曜日の宿泊費用と3食分の料金が含まれています。
金曜日の仕事が終わってから白馬へ移動し、宿で寝てから土曜日のツアーに参加します。


過去のツアーの様子をUPしますね!

過去のフォトギャラリー
フルスクリーンで見る方はこちら




最高だった2013年の経験者向けツアーの動画



 

SIDECAR斑尾バスツアー レポート。

1月31日(金)〜2月2日で開催されました、「斑尾バスツアー」が無事に終了しました。
RIDERも含めると約40名の皆さんに参加頂いた今回のツアー。
年齢層も幅広く、また参加した方々も色々なスタイルの人が集まりましたが、
皆さん楽しんで頂けたのではないでしょうか?
参加したSIDECARのRIDERは
杉浦永介(BURTON)、濱崎あゆみ(SALOMON)、
BERO (YONEX)、磯村直樹(P.RHYTHM)の4名でそれぞれのチームに分けて
フリーランする人もいれば、パークを滑る人もいました。
また最近はキッズの参加も増えていて、初めてスノーボードする幼稚園、小学生も子や、
毎年ツアーに参加してくれているキッズもいました。

そして何よりも2日間とも天気が良かったのは、最高でした!
ご参加頂きました皆さんありがとうございました。

最後に皆さんに撮って頂いた写真が沢山ありましたので、紹介させて頂きますね!

SIDECAR貸切バスツアー in 斑尾高原スキー場



昨年まで白馬で開催されていた、バスツアーが今年は信州へ!
パウダー滑るも良し、パークで滑るもよし。キッズパークで子供と遊ぶもよし!
宿とバスが貸切なので、サイドカー通じて色々な方と知り合える機会です! 
サイドカーのライダーも多数参加予定です。

日 程:2014年1月31日(金)2月2日(日)
場 所:長野県 斑尾高原スキー場
宿 泊:ゲステハウスシーファン
定 員:30名

参加費:大人¥23,500- 子供¥13,000-      
    バス貸切交通費、宿泊1泊2食付、リフト券2日付、     
    プレゼント抽選有
    ※子供はリフト券別途、小学生1日1,000- 未就学児は無料!

集 合:1月31日の22:00にサイドカーに集合です。
    帰りは2月 2日の21:30頃サイドカーへ帰着です。

●キャンセル料金について  
出発日20日前〜15日前まで---ご旅行代金合計の20%  
出発日14日前〜8日前まで----ご旅行代金合計の30%  
出発日 7日前〜2日前まで----ご旅行代金合計の50%  
出発日前日       ----ご旅行代金合計の80%  
出発日当日,出発後,無連絡不参加-ご旅行代金合計の100%

皆様のお申し込みお待ちしております!

バックカントリーツアー白馬 受付開始!

毎年恒例の人気のツアーの受付を開始します。

白馬で開催するバックカントリースノーボードを体験できるツアーです。  
今まで興味は有ったけど、まったく知識が無くなかなかやることができない。  
やってみたいけど、一人で行くにはちょっと心細い。  
パウダー大好きだし、もっとより深いポウダーを味わいたい。  
フリースタイルばっかりだったけど、ちょっと違うスノーボードを楽しんでみたい。  
そんな方におススメのツアーです。  もちろんスノーボードがある程度滑走できる方ならどなたでも参加できます。  
金曜の夜からの宿泊と食事そしてガイド付きのバックカントリーツアーとなります。   
リピーターも多く、10年以上開催されている信頼のあるツアーです。
SIDECARのバックカントリーツアーからパウダーが大好きになった方も 数多くいらっしゃいます!
是非、スノーボードの魅力を再確認できるツアーですので 是非皆様のご参加お待ちしております!

※毎年定員いっぱいになりますので、お申し込みはお早めにどうぞ!

【第1回】1月18日(土)〜19日(日)青黄(初心者、中級者向け)  
ガイド:カラースポーツクラブ 
宿泊:松ノ木亭 
定員:12名 
金額:¥29,800- 
レンタル別途¥3,150-(スノーシュー、ビーコン、ポール、プローブ、ザックなど) 
代金に含まれるもの(ガイド代、宿泊費2泊3食付、山岳保険込み)  

<内 容>  初めての方やバックカントリー初心者〜中級者向けのツアー内容。
この場では、バックカントリーを楽しむに当たって必要とされる、”用具”そして ”行動”などの事柄について考えて行きます。
それは、道具の選択から始まり、 その場における状況をどのように判断し、行動していくかなどが含まれます。
また、万が一雪崩の発生したときに、素早い対応がなされるよう、ビーコンの 使い方などをゲーム方式で実践してみたりし、
2日目はスノーシューをフルに 活用し、白馬エリアにて滑走標高差600〜800m程を楽しみます。    



【第2回】2月15日(土)〜16日(日)赤、赤(経験者のみ参加可能)  
ガイド:カラースポーツクラブ 
宿泊:松ノ木亭 
定員:10名 
金額:¥36,800-  
レンタル別途¥3,150-(スノーシュー、ビーコン、ポール、プローブ、ザックなど) 
※代金に含まれるもの(ガイド代、宿泊費2泊3食付)  
※山岳保険は別途加入が必要。 

<内 容>  黄色を体験したうえで、よりエキサイティングに楽しんでみたい方対象。
ゴンドラやリフトを大いに活用し、黄色の倍、滑走標高差1,000〜1,200m程の ルートを楽しみます。
赤色を体験したうえで、より深く楽しんでみたい方対象。 ゴンドラやリフトそれにハイクアップをプラスし、
赤色より山の奥へ奥へと、 滑走標高差1,200〜1,400m程のルートを楽しみます。
普段なかなか人が入らないフィールドへ足を運びます。

過去のツアーの様子をUPしますね!

過去のフォトギャラリー




最高だった昨年経験者向けツアーの動画

2013_feb Sidecar

毎年恒例 O-BONG CAMP開催します!

 


毎年恒例の「O-BONG CAMP」を開催します。
今年もお盆のまっただ中に、長野県の桑原キャンプ場にて2泊3日でやりますよ〜。
このお盆のキャンプはサーフ、スノーのフィールドには全く関係のない、
涼しいキャンプ場でのキャンプを目的としています。

このキャンプ場は携帯が一切繋がりません。FBもTwitterもできない環境でひたすら、飲んで、食べてを主とするキャンプです。昨年は鰹のタタキ、ピザ、鮎の塩焼き、朝の焼きたてパン、BBQと、とてもキャンプとは思えないバリエーションの富んだメニューで食事を楽しめましたヨ。

今年も沢山の皆さんのご参加お待ちしています!

日 程:2013年8月13日(火)〜15日(木)

場 所:長野県 桑原キャンプ場 

費 用:バンガロー、テントサイトの費用を事前に清算(詳細はキャンプ場HPで)
    
    食料、酒、飲み物、炭、その他かかる経費を当日割り勘
    ※ビールサーバーをこちらで用意します。
    ※子供無料となります)

持ち物:クーラーボックス、椅子、虫除け、机、その他各自必要と思われるもの。


【タイムスケジュール】

【13日(火)】
  8:00 問屋スーパー「サント刈谷店」にて買出し
  9:30 別部隊「東海環状自動車道 鞍が池S.A.」集合
12:00 JR飯島駅 周辺にて再度買出し、その後昼食
13:00 キャンプ場へチェックイン
    その後フリータイム

【14日(水)】
   終日フリータイム

【15日(木)】
11:00 片付け後 チェックアウト
          チェックアウト後 各自解散
   

【注意事項】
※当日のスムースな受付を行うためキャンプ場のテント、バンガローの
 かかる費用は事前にSIDECARにてお支払い下さい。
※携帯電話は3社とも繋がりません。Wifiは一部で繋がる環境があります。
※食材、飲み物、その他掛かる経費は割り勘です。
※ビールサーバーはこちらで用意します。
※各自お得意料理、オススメ食材があれば、持参してくれると最高です!
※クーラーボックスは必ず各自持参してください。(できれば大きめサイズ)
※バンガローも若干名予約可。希望の方はご連絡ください。(乳児、幼児優先)
※板張りのバンガローです。照明、コンセントがありますが、
 その他の施設はありません。レンタルもしておりません。
※タープは基本的にこちらで用意しますが、但し必要と思われる方は各自ご持参ください。
※打上花火は禁止です。手持ち花火は管理者の元行ってください。
※スピーカーなどは使用禁止です。自然の水や、木々の音を楽しみましょう。
※キャンプ場内に浅い川瀬があります。小さな子供でも遊べる川です。
 必要であれば水着、サンダルを持参してください。



今年は既に多くの方の参加表明を頂いています。表明頂いている方も本日より
改めて申込をまとめさせて頂きます。お手数ですが、参加される方はご連絡頂くか、
FACEBOOKのイベントページにて参加のボタンを押してください。

沢山の皆さんのご参加お待ちしています!


FACEBOOK O-BONG CAMPページ

【お問い合わせ】
TEL : 0566-27-0051 
MAIL : info@sidecar.co.jp


SIDECAR バックカントリーツアー レポート!

 2月16日、17日の2日間で行われた、バックカントリーツアーのレポートです。

16日、小谷方面では50CMの積雪があり、コルチナのスキー場もクローズしたこの日。
いつもお世話になっているCOLOR SPORTS CLUBのガイド陣が選択したのは、
積雪の少ない、白馬さのさかスキー場周辺でのバックカントリー。

17日 2日目は素晴らしい晴れの天気になり、狙っていた八方のバックカントリーに
いく事ができた。それも北斜面を2回転。
10年近く行ってきた、サイドカーのバックカントリーの中でもベスト!のコンディションで
楽しめた今回。

2日間の写真と映像も交え編集しました。 7分間ありますので、お時間のある際にどうぞ。

2013/feb Sidecar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
アーカイブ

qrcode

スマートフォン表示に切り替え