Maldivesサーフトリップから帰りました。

モルディブへのサーフトリップから無事に帰国しました。最初は不安定な天候から後半になるにつれて天候も良くなり、男8人での笑いの多いサーフトリップは過ぎてしまえばアッと言う間の時間でした。

 

僕自身3度目となる「モルディブ」へのサーフトリップ。前回から7年ぶりとなるモルディブで、7年前とはちょっと変わっていたところも多かったです。モルディブの首都「Male」までは成田からスリランカ航空を使って、スリランカ/コロンボを経由して、合計約10時間。 前の日に愛知から車で成田まで移動したので、それを合わせると約20時間くらい。

 

 

今回使用したボートは「GURAHARI号」2010年に進水したボード。空港からすぐにボートに乗って期間中ずっとこのボートの中で生活し、サーフィンに明け暮れる。ゲストルームは7部屋あり、サーフガイドも含まると全部で9人。ジャンケンで誰がどの部屋を使い、一人部屋になるか?二人部屋になるかどうかを船に乗ってすぐに決めることにした。

 

到着した日はとにかく風が強く、かなり船も揺れていた。今回一緒にトリップに行った豊橋のショップ「CAPCELL」のヤングは船酔いに弱いらしく、前半戦はぐったりとするシーンもちらほら見かけることがあった。しかしそんな風が強いコンディションでも波乗りできるのが、モルディブのいいところ。

 

 

到着から夜が明けて定番のポイントであるサルタンでまず1ラウンド。強目のオフショアが吹き、少しウネリが抑えられている感じ。腹ぐらいの波で、セットで肩、人数も10人くらいだった。美しい海の色とリーフでの、ポイントブレイクの波。うまく乗り継げば全く一度もドルフィンせずに、ピークまでカレントがサポートしてくれ、楽にパドルアウトすることができる。ハードすぎず、程度な波がこのポイントでは僕らを迎えてくれる。

 

 

イスラム教の人々が多いこのモルディブでは現地の人々は基本的にアルコールと豚はNG。しかし、リゾートとサファリボートではアルコールが用意されている。サーフィンの合間には、大きな楽しみである美味しい食事が毎回楽しむことができる。とにかく毎回の食事は文句の付け所は全くなく、食べ過ぎてしまう毎日。このボートで働いていたCREWの対応は本当に素晴らしく、キャプテンはモルディブ人だったが、あとはバングラディッシュやネパールから出稼ぎに来ていて、ほぼ1年中この船で働きながら生活をしている。

 

 

2日目、3日目と風は少しづつ弱くなり、それと同時にサイズも少しづつアップして、コンスタントに頭くらい。天気は曇ったり晴れたりとスッキリはしないが、波は相変わらずいい。今回サーフガイドして付いてくれた通称「BOOGA」は日本人の奥さんを持つモルディブ人。実は去年、彼とはFacebookでは繋がっていて、今回初対面。DOVEの戸倉さんとの知り合いらしく、DOVEのベストも着ながらサーフィンしていた。

 

 

それにしてもやっぱりここの波はいい。インド洋特有の頭半くらいのお化けセットがやってきて、一気にみんな持ってかれることもあるが、1点のピークが軽く横にシフトし少し離れた場所で、待っているサーファーにも適度に波が回り、インサイドでも2つ目のピークができることにより、集中しすぎない。スペインやフランス人などのヨーロピアンが多く見受けられたが、皆フレンドリーでマナーも良い。当然サーフィンも上手い。ピークから乗ってくるサーファーのライディングもパドルアウトするときに楽しめることができる。

 

 

今回、一緒に行ったメンバーはみんないい人ばかり。お互いに気を使い合い、ポイントの選定もみんなで話し合い、譲り合いながらサーフィンすることができた。CAPCELLから来たメンバーには初対面の人もいたのだが、これもヤングに人柄に集まるメンバーなのでしょう。ずっと笑いが絶えず、より面白い旅になりました。皆さん期間中本当にありがとうございました。

 

 

 

Flickrに写真をUPしました。時間のある方は是非覗いてみてください。

明日はまたお休みなんで伊良湖にサーフしに行ってきます。また、今週末はポートメッセでField Styleが開催されます。サイドカーも出店しますので、皆さんのお越しをお待ちしています。

 

https://www.flickr.com/photos/sidecar225/albums/72157689208453805

2017 Maldives Boattrip with Capcell Crew

 

JUGEMテーマ:サーフィン・ボディボード

オーストリアの旅 / 最終編

Bad Gasteinでの3日間のジャッジクリニックを終え、みんなと別れて電車で次の目的地へ向かう。飛行機の時間があわずフランクフルトにそのまま入れないので、電車でザルツブルグへ。

 

行く途中の電車では谷を抜け、山々の間にはまたも、氷河を望む事ができる。とても奇麗に放牧地が多く、多くの緑と谷を流れる川がそのまま続き、それがザルツブルグまで繋がっている、約1時間の電車の旅。

 

ホテルはbooking.comで手配したザルツブルグ駅の近くのホテルに歩いてチェックイン。特にスペシャルでもなく、特に悪くも無い60€くらいの安めの宿。ちょっと一段落して、一人で晩ご飯でも行こうとちょっとネットで検索。Bad Gasteinと同じくストレスのある遅いWifi環境ながら、繋がる事に感謝して晩ご飯の場所を探してみる。時間は18:00だし口コミの良さそうな場所歩いてへ晩ご飯に向かう事に。

 

訪れる前に少しだけ下調べしたザルツブルグ。モーツァルトの生まれた街という事位しか調べておらず、お初の僕はどんな街か全く知らずに歩き出す。晩ご飯の場所の近くにモーツァルトの生家もあると言う事なので、晩ご飯を後回しに先にそっちをちょっと観光へ。

 

 

モーツァルトの生家は旧市街と呼ばれる場所にあり、軽く観光するつもりがこの旧市街の素晴らしさに吸い込まれた。奥へ行けば行く程素晴らしい町並みが続き、また、溢れる程の観光客で街がとても活気づいていた。こんなに素晴らしい観光地だとは全く知らなかった僕は、時間を忘れ奥へ奥へと歩き続けた。

 

 

モーツァルトの生家は思ったよりもそっけない。下にはスーパーが入っているし、目の前も工事中。まあ博物館も終わってしたし、足早に通り過ぎる。

 

 

歩きながら調べてみると、ザルツブルグはユネスコの世界遺産に登録されている場所である事を知る。まだまだ知らない素晴らしい場所はいっぱい有るのだと思いながら、ある程度歩き続けた先には広場があり、そこでBad Gasteinで頂いた「シュナップス」に再トライする事にした。値段は3ユーロ 約350円でショット1杯。安い。

 

 

ドイツ語は全く分らないし読めない。前は甘くて飲み易いシュナップスだったので、今回は辛口の物とだけ伝え何か全く分らないシュナップスが手元に。まあ自分で辛めとオーダーした物の、むせる程に辛く、一気に酔いが回る。3ユーロでここまで酔えるのかと思いながら、さらに街の奥へ奥へと進む。

 

 

 

約4時間に渡る1人でのザルツブルグ旧市街の観光は感動の嵐、最近一人旅も減っていた僕にはとても刺激のある時間だった。さらに帰り道では川沿いからは、ホーエンザルツブルグ城と共に花火を眺める事もでき、最初に調べていたレストランでご飯を食べ、帰路につく事に。

 

 

 

翌日はドイツ/ フランクフルトに移動し、日本へ帰る事に丁度1週間にわたる10年振りのヨーロッパトリップは幕を閉じる。今回は一人で居る事も多かったし、英語漬けの一週間だったけどとてもいい経験ができた。メインの目的であるジャッジの資格の結果はまだ出ていないが、できれば仕事を兼ねていろいろな場所へ出向き、いろいろな人を出会える機会を大切にしたいと思った旅でした。

 

いろいろな人にお世話になった今回の旅。スノーボーダーだから行けた場所でもあるし、スノーボーダーだから出会えた人達もいる。自分が多分スノーボードをしていなかったら行かなかった場所だし、その繋がりを今後も大切にしていきたいと思う。

 

長文にお付き合い頂いた方々ありがとうございました。またお店でもいろいろな話を出来ると思いますので、是非寄って下さいね。

 

 

JUGEMテーマ:スノーボード

オーストリアの旅「インターナショナルジャッジクリニック」

今回の旅のメインは前に伝えた通り「ジャッジクリニック」講習を受ける事。全日程は3日間ですが、マイルを使ってヨーロッパ入りしているので、なかなか思い通りのフライトが取れず、到着したフランクフルトで1泊、そして講習が行われているBad Gasteinで3泊しています。シルバーウィークの影響か帰りのフライトも思い通りに取れず、オーストリアのSalzbulg(ザルツブルグ)に1泊、またさらにフランクフルトに1泊して計1週間の旅。

 

ジャッジクリニックの会場になっているのは、オーストリア / Bad Gasteinで一番大きなホテル「Salzburger Hof」多分冬のハイシーズンに泊まったら1泊200$以上はしそうな、5☆のがついている高級リゾート。レストラン入口には数多くの有名人の写真が額に入っていたが、僕にはほとんど分からず..... その中のスクリーン付きのホールで65人が受講しています。

 

 

 

約60人は6つのグループに分けられていて、僕はグループ1。時差ぼけで眠くなるかと思っていたら、英語に集中しているせいか?全く眠くならず、9:00〜16:00までの講習がみっちり3日間行われました。

 

US OPENや世界各国で行われている、FISのワールドカップの映像をチェックして、トリックを書き出しポイントを付け、ランキングを付ける。もう20年以上やっいる作業なのでそこまで抵抗はないが、最近の世界トップイベントはスロープスタイル、ハーフパイプ共にさらにレベルアップし、トリックも複雑化している。特にスロープスタイルのコースに関しては、より複雑になっていてさらにセクションの使い方も多種多様。それをトリック、高さ、完成度、着地などを瞬時に書き出し、点数を付け、ランキングを出していく。

 

 

今回の講師は3人。左からWSFのIztokはスロベニアから、FISのOlaはスウェーデンから、TTRのSandyはカナダから。北米を除く世界トップのジャッジがここに集まってて、ここからUS Openやオリンピックなどのジャッジも輩出されています。

 

 

 

2日目講習が終わった後はスキー場上部の山小屋でディナー。日本人一人で参加。タクシーも手配してくれていたが、何人かは歩いていくというのでせっかくなので約1時間の山登りに。灰色の川の温泉という名前のBad Gasteinの名の由来か?川は少しグレーで山を登っていく際の土もグレー。ベースでは見る事の出来なかった谷に広がる街の広がりに感動しながらも登り続けた。

 

 

約1時間の山登りを終えると、冬場はスキー場内のレストランとして営業しているであろう、山小屋に到着。流石に山の上という事もあり、さらに寒い。多分気温は5℃ぐらい。乾杯をして薄手のダウンでなんとか寒さを凌ぐ。

本当に色々な国から参加している人が居て、ドイツ、オーストリアはもちろん、ロシア、スウェーデン、ハンガリー、ポルトガル、スイス、他にも本当にいろいろな所からみんな来ていて、一人はアイスランドから来たジャッジも。彼はアイスランドの漁師の話をしていて、冬の厳冬期に漁の話をしていて、すごく大変だけど、捕れる魚はとても大きく、収入としても大きな産業である事を話していた。

約3時間続いたディナーパーティはなかなか終わりが見えず、タクシーが待ちきれなくなった約10人が左下に見えるバギーで麓まで運んでもらう事に。会話も英語漬けでかなり酔いも回った僕は、古くからの友人でもあるドイツ人のトムのお誘いでバギーの後ろのカーゴに乗って一緒に下る事に、なかなか体験出来ない事を体験できるのも、スノーボードを通じて知りあった海外の友人達のお陰。無事に下るまでの約15分はとてつもなく寒くグローブも持ってない僕は寒さに凍えながら降りていった。

 

 

Bad Gasteinの街は本当に奇麗。豊かな緑と谷の合間を流れる川。山から湧き出る奇麗な水、ここのリゾートが100年以上続いている歴史があるのも、人間にとってとても過ごし易い場所であり、また山も相当面白いんだと思う。本当であればボードを持ってきたい所だが、なかなか自分にとって冬のハイシーズンのヨーロッパはハードルが...

 

 

長いと思っていた旅も既に折り返し。最終日のクリニックを終え、帰路につく。ほんの数日一緒だった60人もの受講者、ほとんどの人とは話す事も出来なかったが、少しだけコミュニケーションできた数人とFacebookの申請をしあって会場を後に。 

 

残り数日の久しぶりのヨーロッパ。電車で帰り道のザルツブルグとドイツ/フランクフルトに向かいます。

 

 

 

最後に今回のBad Gasteinの冬場の動画があったので紹介します。スキーヤーの映像ですがBad Gateinのリゾートの大きさが分かる映像です。いやいや滑ってみたかったですね。多分もう一生来るかどうか分からない場所だけど、やっぱりヨーロッパの山々は素晴らしいですね。

 

 

JUGEMテーマ:スノーボード

「GW CAMP de SURF!」ゴールデンウィークに開催!

季節も暖かくなり始め、海ではセミドライから3フルの時期に変わってきました。
火曜日も日焼け止めを塗らず海に入って、日焼けがヤバいです。
そして、サーフィンにもとても気持ちいい季節がやってきます。

今年はゴールデンウィークにサーフキャンプを開催します。
最高の季節にキャンプとサーフィンを海で楽しみましょう!

今回は4chezのサーフィンスクールも同時開催します。
参加頂いた方には、サーフレッスンも海で無料で開催致します。
サーフィンを上達したい、初心者、中級者にも嬉しい内容になってます。



また、キャンプする場所は温泉・自然探索・スポーツ・地場産品販売・昆虫公園・カヌー
貸しボートなどのアクティビティーも充実。
サーフィンをしない、ファミリーでもキャンプとして楽しめるスポットです。

【日 程】
 2013年4月30日(火)〜5月2日(木) 
 「日帰り」「1泊」「2泊」選択可

【場 所】
 静岡県磐田市竜洋海洋公園オートキャンプ場

【参加費】 
 [バンガロー] 最大定員24名まで ご希望の方はお早めに!
■大人1泊¥7,000 2泊¥11,000 ■子供1泊¥3,000 2泊¥6,000 ■幼児1泊¥2,000 2泊¥3,000

 [テント]  
■大人1泊¥3,000 2泊¥5,000- ■子供1泊¥1,500 2泊¥3,000 ■幼児1泊¥1,000 2泊¥2,000

 [日帰り]  
■大人¥2,000  ■子供1泊¥1,000 ■幼児¥500

【料金に含まれるもの】
キャンプ代金、キャンプ場入場料、BBQ代金、希望者のサーフレッスン代。

【料金に含まれないもの】
各自現地までの交通費、飲み物代金、BBQ以外の食事代、その他の費用


※BBQの食事はこちらで用意します。
※飲み物は各自持参をお願いします。
※タープはこちらで用意します。テント泊の方はテントをご持参ください。
※バンガローは定員8名を3棟予約しています。相部屋になりますので、ご了承ください。
※バンガローには寝具有りますが、テントは寝具がありません。
※ペットは持ち込みできません。


北海道「Kiroro>FURANO>ASAHIDAKE」Trip Photo Issue

お待たせいたしました。

北海道の写真総集編です。
いやー枚数多すぎてpickupに時間がかかりました。

ある意味SIDECARのシークレットツアー。
帰宅後に皆様から沢山のお問い合わせ頂きました。

来年行きたい方はお早めに声を上げてくださいませ。
来年も少数精鋭ツアーです。








北海道 動画バージョン。

北海道から日曜日に帰ってきました。

が。。。

帰りの道のりから悪寒と眠気、風邪の気配。
帰宅して熱を計ると38.6℃いきなりダウンでございます。この時期僕の中で恒例となりつつ有るインフルエンザを予想し、翌日病院に駆け込むがただの風邪といわれました。

しかし、その後先に風邪を引いていた息子が回復したと同時に娘と嫁様がダウン。
病院ではインフルエンザA型との結果。どーなってんの?って感じですが、今日は自宅にて
仕事を片付けています。

2年ぶりとなる富良野でしたが、前回に比べるとカナリ気温は高めでしたが、深すぎずちょうど良いパウダーが味わえました。

同行したのは千葉在住、RIDER米村一の同僚「こんぺい」JR運転手。
そして、古くからのユーザーの「フジ丼」、そして僕の3人。
現地では北海道のプロジャッジ仲間の大先輩西田さんに本当にお世話になり、車でPICK UPしてもらい現場へ移動。

いやいやいい旅でした。

僕の写真はまだまだ時間がかかりそうですが、西田さんから動画が届きました。
紹介させて頂きます。結構時間があるので、お暇な方だけどうぞ(笑)


1日目、千歳到着後、西田さんのPICKUPでKIROROのスキー場へ。
(HD対応なのでブロードバンド対応の方は是非720Pで!)





2日目:一昨年もお世話になった美瑛のETOHOUSEにお世話になりながら、富良野のバックカントリーへ。この時期に珍しく晴天に恵まれ、広大な富良野エリアを堪能。この日はスプリットボートを使用。





3日目:ETOHOUSEで一緒になった他の方と一緒に富良野バックカントリーへ。
    カナリの降雪に見回れるが雪は上々。全国的に気温が高いといわれつつも
    このエリアの-10℃




4日目:最終日、皆様待望の旭岳が晴れで風も弱い予報。晴天でタイムリミットが有りながら
     も旭岳を楽しむ。





西田さんお疲れさま&ありがとうございました!
KONPEIくん、藤井君3月のB.C.ツアーで!!



北海道 Day3 @Furano B.C.

 全国的に気温が高いといいつつも、富良野は本日-10℃。

本日のBest shot!










明日は最終日、旭岳に行ってきます。


北海道 day2

 Day 2 @ Furano Backcounrty

Maldives Report from イチロヲさん

台風13号は離れて行ってしまってうねりがこっちにはくるのでしょうか?
ちょっと不安な気持ちになってます。

モルディブから帰っていて既に1週間。夢のような時間だった事を再認識。
夢からさめた現実を満喫しております。

お店はかなり冬モードでSTAFFのみんなががんばって毎日レイアウトチェンジを
繰り返してます。


そんななか一緒にいった新城のイチロヲさんのBLOGにモルディブのレポートが完了しました!
いつもとても面白いコメントと、クオリティーの高い写真で楽しませてもらってますが、
今回のトリップレポートも相当ヤバいです。。。

数千枚あった写真をチョイスし、トリミングしたりリサイズしたりコメントしたりと
僕の写真だけのレポとはえらい違いです。

僕とはちょうど一回り年上のイチロヲさん。いつも楽しいトークとバイタリティーあふれる行動力。
ぼくもあんな風に年を取っていけたら最高です!

イチロヲさんありがとうございます!



気をつけなはれや!軽い気持ちで見ると痛いめにあうで!
写真の枚数は恐ろしい程にありまっせ。

 すばらしく膨大なレポートはこちらから



Maldives SurfTrip!!


10月2日から昨日までモルディブにサーフトリップへ行っていました。

2007年の夏に一度訪れたあの地に再度上陸。
忘れかけていた極上の波はやはり裏切らなかった。。

今回も前回と同じボートトリップで船は「keema」古い船だが過ごす分にはかなり快適な船。

取り急ぎ写真をUPします。
詳細はまた後日。。。。








S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
アーカイブ

qrcode

スマートフォン表示に切り替え